1. TOP
  2. 久米島
  3. 那覇から飛行機で30分!琉美の島 久米島で潜る

那覇から飛行機で30分!琉美の島 久米島で潜る

 公開日時:2015/08/24
この記事は約 3 分で読めます。 980 Views

那覇から飛行機で約30分と比較的気軽に行ける離島、久米島。豊かな自然が手つかずのまま残っていることから、島全体が県立自然公園に指定されています。
中でも、真っ白な砂洲が長さ約7キロに渡って広がり、透明度が抜群の海が楽しめる小さな島「はての浜」は必見!テレビやCMのロケ地にもよく使われる、大人気の観光スポットです。

はての浜の北と南でわかれるダイビングスポット

久米島のダイビングスポットは「はての浜」を境に北と南に分かれています。
北側はダイナミックなドロップオフ、南側はサンゴの根に真っ白な砂地が広がる癒しポイントが魅力です。
また冬には磯マグロやハンマーヘッド、ザトウクジラなど大物に出逢えるポイントなど、豊富なシチュエーションに出逢える久米島の海。
リピーターが続出しています。

久米島の有名なダイビングポイントは?

まずは「久米島と言ったらここ!」ともいえるぐらいの人気スポット「トンバラ」
ここは久米島を代表する大物回遊魚と地形のスポットです。
「南のトンバラ」のも呼ばれており、久米島の南に位置しています。
TONBARA

トンバラ岩はゴツゴツした荒々しい岩肌が特徴の巨岩で、このスポットは沖合にあるため、360度どの角度からも潮の流れが入り、透明度も抜群です。
岩の潮にあたる側周辺では数えきれないほどの魚影が確認できます。
また、とっても大きな岩がゴロゴロと点在している為、地形のスケールも圧巻!

魚影

トンバラでは、マンタやマダラトビエイ、ハンマーヘッドシャーゥーク、ロウニンアジやギンガメアジなど大物狙いの方におすすめのダイビングスポット。
ただ・・・このスポットは非常に流れが複雑で、流れも変わりやすい為、ブリーフィングがしっかり出来る上級者向けのポイントになります。
ダイバーとして経験を積んできた方は、多くの回遊魚と地形が楽しめる「トンバラ」に挑戦してはいかがでしょうか。
詳しい参加条件は、お申し込み時にダイビングショップまでご確認ください。

初心者におすすめのダイビングポイントは?

「上級者でないと潜れないの?」と思われた初心者の方!落ち込まなくても大丈夫です。
初心者ダイバーさんでも行きやすいポイントがあります。

トンバラサシ

それが「トンバラザシ」!! こちらも名前にトンバラが入っております。
名前の由来には、前述の「トンバラ」を指す位置にあることから来ているそう。
このポイントの最大の魅力は、爽快なドロップオフが出来る地形ポイントということ!

3mから5mの浅いところから一気に30m~40mぐらいまで落ち込みます。
落ち込む際には吸い込まれるような、なんとも言えない感覚に・・・
そしてなんといってもウミガメの遭遇率が抜群!
浅場にはサンゴが群生していて、流れも少ないのでのんびり楽しむことができるポイントです。

バリエーション豊富な久米島のダイビングスポット。
冬場も大物との遭遇率がアップするので、一年中がダイビングシーズンです!
一度のみならず、何度も足を運んでみてくださいね。

>>久米島ダイビングツアーのお申し込みはこちら<<

\ SNSでシェアしよう! /

【レッドフィンブログ】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【レッドフィンブログ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

redfin編集部

redfin編集部

沖縄ダイビングツアーの企画・販売を初めて30年のレッドフィン ダイビングツアーがお届けするダイビングポータルサイト。沖縄本島から離島・さらに奄美方面まで多彩な情報をお届けしています。

関連記事

  • 【久米島ダイビング完全ガイド】おすすめのポイントやダイビングショップ、シーズンからホテル情報まで全て紹介します。

  • 「トンバラ」の魅力に迫る!大物三昧久米島

  • 与那国島vs久米島!沖縄ダイビング冬の二大ポイントを解説します!

  • 秋冬でも楽しめる沖縄ダイビング!!おすすめの離島5選