1. TOP
  2. ダイビンググッズ
  3. ダイビング器材はレンタルでも良い?購入のメリット・デメリット

ダイビング器材はレンタルでも良い?購入のメリット・デメリット

 公開日時:2021/07/08
この記事は約 4 分で読めます。 70 Views
器材レンタル

海の中を自由に泳ぐことができるダイビングは魅力ですが、本格的に始めるとなると自分のダイビング器材が欲しくなります。では、全部購入すると一体いくらかかるのでしょうか。

購入するほかにレンタルもできるので、それぞれのメリットとデメリットを比べて、自分にあった方法で無理なくダイビングを楽しみましょう。

ダイビングに必要な機材と参考価格

ダイビング器材は商品の性能や耐久性によって価格が大きく変わります。プロダイバーが使うような高性能なものになると値段も高額になりますが、レジャーダイビング用の器材をフルセットで揃えると、20万円近くかかります

<購入した場合の価格相場>

・重器材(BCD・レギュレーター・オクトパス・計器類) 約10万~

・マスク 約1万円~

・フィン 約1万5千円~

・ウェットスーツ 約2万円~

・ダイブコンピューター 約5万円~

・小物類(グローブ・ブーツ・シュノーケルなど)約1万円~

<レンタルした場合の費用>

ショップによってレンタルの価格はさまざまですが、フルセットで5,000円前後と考えると良いと思います。

沖縄では、オフシーズン中やパッケージツアーの特典としてレンタル無料サービスを実施するショップも多いので、賢く利用することでお得にダイビングが楽しめます。

1日レンタルの価格相場

重器材セット(BC・レギュレーター)2,000円~

軽器材セット(マスク・スノーケル・フィン・ブーツ)1,000円~

ウェットスーツ 1,000円~

フルレンタル 5,000円~

ダイブコンピューター2,000円~

購入するメリット・デメリット

【メリット】

・品質の良い器材を使うと水中でのパフォーマンスがアップする。

・使い慣れることで操作に慣れ、安全にダイビングができる。

・好きなメーカーやデザインを身に着けるとモチベーションが高まる。

・多く潜る人にとってはコスパが良い。

【デメリット】

・ダイビングが終わったら器材を洗ってしっかり乾かす。

・年に一度もしくは100本に一度のオーバーホールが必要なので維持費がかかる。

・自宅での保管場所が必要。ウェットスーツはゴム臭もあります。

・旅行先への発送や持ち運びの手間とコストがかかる。

・多く潜らない人にとってはコスパが悪い。

購入はこんな人におすすめ

自分の器材を毎回使うことで、操作に慣れて水中でも余裕を持ってダイビングを楽しむことができます。オーバーホールもしっかり把握できるので、器材への信頼も高まります。

ひいては安全にもつながるので、ダイビングを続けたい、上達したい、海をもっと自由に探検したいという向上心のあるダイバーの方は購入がおすすめ。特に都市型ショップを利用して近場で潜ろうと思う人は続きやすいので、マイ器材でモチベーションを高めてスキルアップを目指しましょう。

レンタルのメリット・デメリット

【メリット】

・旅行の荷物が少なくてすむ。

・メンテナンスが不要。

・ダイビング後の器材洗いが不要。

・いろいろなメーカーの器材を試すことができる。

・多く潜らない人にとってはコスパが良い。

【デメリット】

・メンテナンス不足の器材に当たる可能性がある。

・サイズが合わない器材や、劣化して保温効果の弱いウェットスーツに当たる可能性がある。

・BCやダイブコンピューターなど操作に慣れない器材は安全面に不安が募る。

・多く潜る人にとってはコスパが悪い。

レンタルはこんな人におすすめ

ダイビングは年に数回のリゾートダイブしかしない、難易度の高い海では潜らない、気軽にダイビングを楽しみたいという方はレンタルがおすすめ。器材購入を迷っている人は、いろいろな器材の使い心地をレンタルで試すことで、購入時の参考になりますよ。

結論・ダイビングが楽しくてしょうがない人はマイ器材がおすすめ

ダイビングのライセンスを取得して、続ける!と確信した人は、勢いに任せて購入するのも良いかと思います。フルレンタルが一日5,000円だとして、1日2ダイブ・年間50本潜ったとした場合、レンタル代は一年で125,000円。ダイビングにハマると100本・200本と潜る人は珍しくありません。このように、たくさん潜る人はレンタルでは勿体ないですね。

とはいえ、始めたばかりでは長く続けるかわからないという人は、まず軽器材(マスク・フィン・グローブ・ブーツ)から揃えて、必要に応じて他の器材を検討してみてはいかがでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

【レッドフィンブログ】の注目記事を受け取ろう

器材レンタル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【レッドフィンブログ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

tsumugi

tsumugi

九州在住。ダイバー歴は10年、経験本数は300本以上。海外でのダイビング経験もある女性ダイバー。初めて訪れた石垣島でダイビングを体験後、ダイビングの魅力にはまり地元でCカード取得。
その後は地元ショップに足繁く通い近郊を中心に年間50本ペースで潜る日々を送る。
所持しているライセンスはPADIのレスキューダイバー。

関連記事

  • 【初心者必見】ダイビングの感動を記録しよう!水中写真を上手に撮るコツとおすすめのカメラは?

  • ライセンス取得後、これだけは揃えておきたい器材って?

  • いつでもダイビング気分♪水中ドローンで海の中を撮影しよう

  • 寒い時期にはドライスーツがおすすめ!中性浮力をマスターしよう

  • 自分に合ったダイビング用ウェットスーツを選ぼう!

  • ダイビングやシュノーケルに持っていきたい!おすすめの水中カメラは?