1. TOP
  2. 石垣島
  3. 石垣島で癒しのマンタダイビングへ。おすすめダイビングスポット

石垣島で癒しのマンタダイビングへ。おすすめダイビングスポット

 公開日時:2021/07/14
この記事は約 5 分で読めます。 281 Views
マンタダイビング

石垣島屈指の観光地、川平湾はダイビングスポットとしても、マンタに出会えるスポットとして人気のスポット。

毎年、シーズンになるとマンタに会いに大勢のダイバーが訪れます。

今回は、そんなマンタ&石垣島のマンタスポットについてご紹介したいと思います。

マンタはどんな生き物?

マンタ

マンタという名称は、英語のマントに由来しています。その名の通り、巨大なマントのようなひらひらとしたシルエットが舞う姿は、一度見たら忘れられないインパクト。

とても愛くるしい形をしていて、水中を泳ぐ姿は優雅で存在感も抜群。一度に複数のマンタが泳ぐ姿は圧巻です。お腹にコバンザメがくっついていることも多いので、さながらアクセサリーでも付けているかのようです。

日本では、「ナンヨウマンタ」もしくは「オニイトマキエイ」というマンタに出会えます。 

ナンヨウマンタの大きさは約5m、オニイトマキエイは一回り大きな7mほど。体重は2トンを超えるサイズになることもあります。

ナンヨウマンタは、白地に黒い斑点が特徴。黒字に白い点々の入った模様のマンタは「ブラックマンタ」と呼ばれ、希少かつカッコいいので、ダイバーに人気です。

マンタは危なくない?

とても大きなマンタですが、エサはプランクトンやオキアミ。小魚を食べることもあります。大きな口から海水ごと吸い込み、エラで濾して食べています。

マンタの頭には「頭鰭(とうき)」と呼ばれる角のようなものが生えていて、捕食行動の時や早く泳ぐ行動をサポートする働きがあります。この頭鰭の付け根に目があります。

エイと形が似ていますが、毒針がないので近くを泳いでいても安心です。

マンタは、人間による乱獲によって数が激減し、絶滅危急種に認定されています。子供を一度に1~2匹しか生まないことも影響しているので、守っていかなければいけない存在です。

穏やかで臆病な性格ですが、中にはダイバーに近づいてくる人懐っこい性格のマンタもいるのだとか。

マンタはどこで会える?

川平湾

マンタに会いたければ、石垣島がおすすめです。

石垣島で出会えるマンタは「ナンヨウマンタ」。初心者でも参加できてマンタとの遭遇率がとても高い「川平マンタスクランブル」と、「マンタシティ」という有名ポイントがあります。

川平マンタスクランブル

出航さえすればかなりの高確率で出会える、日本有数のマンタポイントです。

9月~11月初旬の繁殖シーズンはマンタの数が多く、一度に数十枚のマンタが泳ぐ姿も見られることも。

水深も浅く、移動距離もわずかです。アンカリングでエントリーできるので、初心者から参加できる人気のポイント。

マンタシティ

川平マンタスクランブルのすぐ横にあるポイントです。

アンカリングでエントリーし、マンタシティのメインの根に訪れるマンタを、少し離れた根につかまって待ちます。

マンタを待っている間は、岩場で見かけるカエルウオやマクロな生き物を観察しましょう。

水深も浅く、初心者から参加できます。マンタシティでは同時に5隻以上のボートが止められないルールなので、水中で混雑することがありません。

マンタと出会えるシーズン

マンタは年間を通して出会えますが、季節風の影響などで海が荒れると出航できません。

比較的海況が安定している6月~10月頃がおすすめシーズンですが、マンタが何枚も水中を泳ぐ姿を目撃したいのであれば、9月~11月がベストシーズン。

ただし、台風シーズンでもあり、季節風が入れ替わるため海が荒れやすく、ボートが出航できるタイミングを見極める必要があります。運が良ければ、感動的な光景が見られるかもしれません。

石垣島以外のマンタスポット

石垣島でしかマンタに会えないことはありません。

次にご紹介するポイントは、シーズンやタイミングが合えば一度にたくさんのマンタと出会える可能性があります。マンタ以外の見どころも多いので、何度潜っても楽しめる人気スポットです。

黒島

水面近くで見られる捕食シーンが楽しめる黒島マンタポイント。

多いときには、数十枚のマンタとの遭遇も期待できます。

おすすめのシーズンは12月~3月の冬の季節ですが、真冬でも水温21℃を下回ることはないので5mmウェットスーツとフードベストがあれば大丈夫。

水深も浅くアンカリングでエントリーするので、初心者でも参加できますよ。

鹿の川・中ノ瀬/西表島

秋頃~春先にかけてベストシーズンで、初心者から参加できるポイント。

晴れた日に潜ると気持ちの良い、見通しの良いポイントで、一面にはテーブルサンゴの群生が広がります。

透明度の高い中、ホバリングするマンタは見ているだけで癒されます。

バラクーダやイソマグロの群れも見ごたえ抜群で、マクロ系生物もたくさんの盛りだくさんなポイント。

ヨナラ水道/小浜島・西表島

小浜島と西表島の間にあるポイントです。真っ白な砂地にいくつかの根が点在し、マンタがクリーニングのために集まります。大潮の下げ止まりのタイミングを狙ってドリフトでエントリーし、流れながらマンタを探します。

中級者以上のポイントですが、日本では珍しく真っ白な砂地のマンタポイントなので、写真や動画でマンタを狙うにはもってこいの素晴らしいロケーション。

マンタダイビングで気を付けること

マンタ

マンタの住処を荒らさないよう、ルールが決められています。マンタポイントではガイドやインストラクターの指示に従って行動しましょう。

マンタダイビングのルール

・近づかない

・進路を妨害しない

・マンタに泡を当てない

マンタから近づいてくることがありますが、動揺せずにそっと見守りましょう。

ルールを守って、いつまでもマンタが安心して訪れる海を守ってくださいね。

\ SNSでシェアしよう! /

【レッドフィンブログ】の注目記事を受け取ろう

マンタダイビング

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【レッドフィンブログ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

redfin編集部

redfin編集部

沖縄ダイビングツアーの企画・販売を初めて30年のレッドフィン ダイビングツアーがお届けするダイビングポータルサイト。沖縄本島から離島・さらに奄美方面まで多彩な情報をお届けしています。

関連記事

  • 中級者ダイバーにおすすめの沖縄ダイビングポイント3選!

  • マンタに出会える沖縄の海!石垣島のシーズンとその他エリアを徹底解説!

  • 石垣島ダイビングのベストシーズンはいつ!?押さえておきたいダイビングスポット、ショップなどおすすめ情報満載!

  • 絶対会いたい!沖縄でダイバーに人気の生き物3選

  • 初心者の方でも安心♪沖縄でおすすめのダイビングスポット3選

  • 沖縄本島でのダイビングしたら体験してほしい離島ダイビング!おすすめの離島3選