1. TOP
  2. 渡嘉敷島
  3. 何でも揃うダイビングショップ  渡嘉敷島でダイビングするならここ!!

何でも揃うダイビングショップ  渡嘉敷島でダイビングするならここ!!

 公開日時:2016/03/12
この記事は約 4 分で読めます。 1,412 Views
渡嘉敷島

那覇から西に約30キロのところに、慶良間諸島の中で一番大きな渡嘉敷島があります。一番大きいと言え、面積は約19平方キロメートル、人口は700名ほどで田舎の良いところが残っているような素朴な島です。渡嘉敷島へのアクセス方法は、那覇泊港から高速船とフェリーのどちらかで行くのが一般的。

2014年に慶良間諸島の海が国立公園化もされており、世界にもこの渡嘉敷島含む慶良間諸島の海の貴重性が認められました。今回はこの渡嘉敷島のダイビング事情にスポットを当ててご紹介します。

渡嘉敷島の周辺海域は30メートルから40メートルの高い透明度が魅力。その世界屈指の海の美しさから「ケラマブルー」とも言われており、ダイビングのメッカとして国内だけでとどまらず海外からも毎年多くのダイバーがこの島を訪れています。
渡嘉敷島には多種の珊瑚が生息しており、日本で確認されている珊瑚の内、約6割を占める250種が生息しています。多くの珊瑚礁が発達した海は、まさに楽園そのものです!

そんな渡嘉敷島を代表する2つの人気ダイビングスポットをご紹介します。

「ハナレビーチ前」 

IMG_3510

サンゴにデバスズメダイの群れる“THE 渡嘉敷島”の風景が広がり、のんびりとした癒しのブルー空間になっています。ここでは明るい砂地が広がり、水深4メートルから8メートルほどの浅瀬を潜ります。点在する珊瑚の根にはキンメモドキやスカシテンジクダイが棲み付き、特に春から夏にかけて群れが巨大となり圧巻です。魚群の群れも見られて魚影が濃いのも人気のポイント。ハゼ類やエビ・カニ類も多く、マクロ好きな方にはたまらないポイントです。

「灯台下」

IMG_0951

渡嘉敷島の中でも人気の高い洞窟スポット。何本もの根が複雑に入り組み、クレバスやアーチ、ホール、ケーブなどの地形を作り出しています。太陽の光が差し込むと、濃い暗闇と光のシャワーに対比が美しい、地形好きには嬉しいポイントです。

渡嘉敷島のことならなんでもお任せ!シーフレンド

渡嘉敷島には上記ポイントにも行けて、尚且つ宿泊先、食事処、またレンタカーまで
島のことなら何でもお任せあれのダイビングショップがあります。
それが渡嘉敷島の「シーフレンド」です。

シーフレンド

渡嘉敷島を本拠地に置き、ファンダイビングをメインに、マリンスポーツ全般を取り扱うシーフレンド。
ガイドスタッフは全員インストラクターと潜水士の資格を取得していて、安全管理は勿論のこと、自然や環境、水中生物に高い関心を持って取り組んでいます。
ダイビングのポイント選びにはお客様のリクエストを一番に!
当日の海洋状況やお客様のレベルに合わせたベストなポイントを案内することを心掛けています。
沖縄旅行自体が素敵な思い出になるよう、全体的にサポートをしてくれますよ。

シーフレンドのダイビングスタイルは、ほぼ100%ボートダイビングです。ポイントまでも5分から20分と近く、基本的には1ダイブごとにショップに戻ってきます。
休憩もしっかりとれるので、船酔いしやすい方にも安心ですね。

シーフレンドがダイバーから人気の理由なのは、こうしたダイビングスタイルだけではありません。人気の理由の1つに併設しているシーフレンドの宿があります。
ここでは民宿、ペンション、ログハウスと3タイプのバリエーション豊かな宿が揃っているのです。
どの宿泊タイプもそれぞれの魅力が有り、自分好みのお部屋が選べます。
また食事処も併設しているので、離島での食事も困りませんね。

シーフレンドではダイビング、宿、食事と必要なものは全て揃っており、島のスペシャリストのスタッフが常駐しています。初めて島に行く方でも安心して利用できますね。渡嘉敷島でダイビングに行くなら「シーフレンド」の利用をお勧めします。

レッドフィンで行く渡嘉敷島ダイビングはこちらからお申込み!

\ SNSでシェアしよう! /

【レッドフィンブログ】の注目記事を受け取ろう

渡嘉敷島

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【レッドフィンブログ】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

redfin編集部

redfin編集部

沖縄ダイビングツアーの企画・販売を初めて30年のレッドフィン ダイビングツアーがお届けするダイビングポータルサイト。沖縄本島から離島・さらに奄美方面まで多彩な情報をお届けしています。

関連記事

  • 大物以外の人気癒し生物~沖縄本島・慶良間諸島編~

  • 学生・卒業旅行に!素敵な思い出を残そう~マリンオプション体験~

  • 沖縄本島でのダイビングしたら体験してほしい離島ダイビング!おすすめの離島3選

  • 初心者の方でも安心♪沖縄でおすすめのダイビングスポット3選

  • 【渡嘉敷島ダイビング完全ガイド】ベストシーズンやおすすめダイビングポイントは?アクセス方法や基本情報まで解説します

  • 秋冬でも楽しめる沖縄ダイビング!!おすすめの離島5選