沖永良部島ダイビングツアー

沖永良部島

長い年月をかけ育まれたサンゴ礁の島

沖永良部島は奄美群島の南西部に位置する島で、鹿児島県大島郡に属します。 東西に伸びた三角形をしており、島の形のおかげで夏の南風や冬の北風などその日の風を避け、 穏やかな海峡を選んで潜る事ができます。アーチやトンネル、 ドロップオフのダイナミックな地形ポイント、季節によってはギンガメアジやイソマグロのダイナミックな群れを見る事ができます。 海の透明度は常に20メートル越え!
沖永良部島写真

沖永良部島ダイビングメニューDiving Menu

沖永良部島ダイビングツアー

ファンダイビング

【シードリーム沖永良部利用】
ファンダイビング付き おきえらぶフローラルホテル泊

沖永良部島で唯一PADIから指定されているショップ。 島内NO1の充実施設でより快適なサービスを実施しております。 エンリッチドナイトロックスもあります。 より安全により快適に、沖永良部の海をスタッフの方が ご案内してくれます♪♪

沖永良部島のダイビングショップ

準備中です。

沖永良部島エリアガイド

沖永良部島MAP
奄美群島の南西部に位置する沖永良部。 沖永良部には和泊町と知名町という二つの町があり、その二つの町を合わせて約1万5千人の人口です。 島の周囲は約60kmあり、日中の間に一周することもできるほどの大きさ。 もともとは珊瑚礁が隆起してできた島だと言われ、島の周りには、珊瑚によってリーフ状に囲まれていています。 鍾乳洞や潮吹き洞窟(フーチャ)などの観光スポットが非常におすすめです。ぜひ一度足を運んで頂きたいですね。

アクセス鹿児島空港から飛行機で1時間15分

どんなダイビングが出来る?

沖永良部島

ダイビングポイントは無数・透明度も抜群!

海の透明度は常に20m~40mをキープと抜群の透明度を誇ります。 冬場はギンガメアジの大群、ロウニンアジなど大物狙い、ダイナミックなポイントなど。 夏場は、砂地、サンゴ、地形や魚群などを楽しめます。シーズンを通して楽しめるポイントが多数。 ウミガメの産卵する浜が多く、今では貴重な種類となっているタイマイを始めアカウミガメ、アオウミガメが見られる。

平均気温と平均水温

平均気温 平均水温
1月 14℃ 21℃
2月 15℃ 21℃
3月 17℃ 21℃
4月 19℃ 23℃
5月 23℃ 25℃
6月 26℃ 28℃
7月 28℃ 28℃
8月 28℃ 28℃
9月 27℃ 27℃
10月 23℃ 25℃
11月 20℃ 23℃
12月 16℃ 22℃

ダイビングポイント

沖永良部島の大物ポイントとして知られているのがここ『トカキン...

ギンガメアジの大群が見られるとして有名なコンドルフォートは、...

どこまでも続く、生き生きとしたサンゴの群生が素晴らしい≪ブル...

中級者以上向けのポイント「ブルーリボン」は、流れが強く、ダイ...