奄美大島ダイビングツアー

奄美大島

地殻変動で出来たと言われる独自の生態系を持つ島

九州南方海上にある奄美群島の主要の島で、単に大島ともよび鹿児島県に属します。 潜るエリアは大きく北部・中部・南部の3つに分けられます。 特に生物の豊富さやバリエーションの豊かさがお勧めの理由の一つでもあり、 例えばハゼなら100種類以上は観察できます。 また、東シナ海内湾は水深が比較的浅い事もあり、じっくり観察し写真も撮る事ができます。 外洋では、大物のナポレオン、マダラトビエイ、カメ、ロウニンアジなどと出逢う事ができ、 特にマダラトビエイと良く出逢えるところがうれしいですね。
奄美大島写真

奄美大島ダイビングメニューIshigaki Diving Menu

奄美大島ダイビングツアー

ファンダイビング

【北部/ネイティブシー奄美利用】ファンダイブ付きネイティブシー奄美泊

海の囲まれた最高のロケーション!東シナ海をメインに潜るショップです。奄美の海を知り尽くしたガイドがご案内!宿泊は全てがオーシャンビューのホテルネイティブシー奄美!

奄美大島のダイビングショップ

ネイティブシー奄美

ネイティブシー奄美
ホテル内ショップなのでアフターダイブも便利!奄美の海を知り尽くしたガイドがゲストに合わせたダイビングをガイド♪

奄美大島エリアガイド

奄美大島MAP
九州の南、約380キロに位置する鹿児島県の離島、奄美大島。 亜熱帯海洋性の気候で暖かい海に囲まれているため、四季を通じて暖かく、 沖縄同様サンゴ礁の豊かな海でダイビングも盛ん。 島固有の動植物や、豊かな自然に溢れる離島です。

アクセス羽田から飛行機で約2時間25分 伊丹から飛行機で約1時間30分

どんなダイビングが出来る?

奄美大島

美しい魚と美しいサンゴ礁を育んでいる奄美の海

奄美の海は暖かな海流に支えられ、数多くの美しい魚とサンゴ礁を育んでいます。 海の中の景観はすばらしく、バリエーションに富んでいます。南の島ならではの眩しいほど白い砂地に広がるサンゴの群生や、ダイナミックな地形、汽水域、そして大物狙いポイントなどなど...。水深20mくらいにも、魚が群れる根が点在します。水深の浅いポイントも多く、ビギナーの方もご年配の方もゆっくり楽しんで頂き、フォト派の方も時間を気にせず楽しめます!

平均気温と平均水温

平均気温 平均水温
1月 17℃ 21℃
2月 17℃ 20℃
3月 19℃ 21℃
4月 22℃ 23℃
5月 24℃ 24℃
6月 26℃ 27℃
7月 30℃ 27℃
8月 29℃ 28℃
9月 27℃ 28℃
10月 25℃ 27℃
11月 21℃ 25℃
12月 19℃ 23℃