1. TOP
  2. ダイビングスポット
  3. ドリフトダイビングで潜りたい!大迫力の沖縄の海10選

ドリフトダイビングで潜りたい!大迫力の沖縄の海10選

 公開日時:2018/05/31
この記事は約 5 分で読めます。 9,852 Views

潮に乗って進むドリフトダイビングは、アンカリングができないような潮の流れが速いポイントでのダイビングスタイルです。このようなポイントでは大型回遊魚やレアな大物との遭遇率が極めて高くなります。今回は人気ポイントを厳選してご紹介!

>>お得なファンダイビングツアー情報はこちら<<

沖縄ドリフトダイビングの人気ポイント

慶良間/運瀬

慶良間ドリフトダイビングとして定着しつつある運瀬は、渡嘉敷島の東にある岩が突き出た岩の名称です。潮あたりが良ければ、ギンガメアジやグルクン、イソマグロなどの大物回遊魚の群れが現れ、大迫力の光景を見せてくれます。流れが強いときは激流になり、潮が運瀬にぶつかることでアップカレントやダウンカレントが発生することも。十分なスキルを備えて挑みましょう。

慶良間/自津留

儀志布島の北部にある自津留島の先端を潜ります。岩のすぐ下はドロップオフになっていて、岩壁に生息するイソバナやユビエダハマサンゴの群生、カスミチョウチョウウオやキンギョハナダイの群れが美しく舞っています。北側からぶつかる激しい潮に乗って、イソマグロやロウニンアジ、マダラトビエイなどの大型魚を観察できます。

慶良間/ウチザン礁

前島と渡嘉敷島の間にある沖山(ウチザン)は、地形の影響により強い流れが起こりやすい外洋ポイントです。イソバナが群生する磯の根と呼ばれる根があり、アカヒメジやノコギリダイ、クマザサハナムロが群れています。ロウニンアジやマダラトビエイなどの大物やマンタが現れたこともあります。岩陰を覗くとホワイトチップシャークが眠る姿が見られることも。

慶良間/黒島北ツインロック

その名の通り、黒島の北にある双子岩のポイントです。巨大な根から根に移動しながら進みます。イソマグロなどの大物遭遇率も高いため、慶良間に点在する数多くのダイビングポイントの中でも高い人気があります。流れが強いこともありますが、浅瀬では見事なサンゴの群生やキンギョハナダイの群れなど、穏やかな光景も見ることができます。

慶良間/下曽根

久場島の南部にある、一本根のポイントです。大物遭遇率の高い人気のドリフトポイントです。根の東側にある、ダイナミックなドロップオフで大物の出現を待ちましょう。運が良ければ、イソマグロやツムブリがみっちり泳ぐ姿や、稀少な大物生物も目撃できるかもしれません。沖縄でこんな海に出会えるなんて!に言わしめる、当たれば大興奮間違いなしの上級者向けポイントです。

宮古島/パナリtoパナリ

宮古島の東側に位置する、スリリングな魅力と大物遭遇率がとても高い上級者向けの人気スポットです。激流で潜れないこともありますが、魚群の濃さが圧倒的で、見られる魚の種類や魚群に休まる暇がありません。イソマグロやギンガメアジの大群や、ロウニンアジ、カスミアジ、ナポレオン、マダラトビエイなど、バリエーション豊かな大物たちに高確率で出会えます。

石垣島/ヨナラ水道

ヨナラ水道は小浜島の西側と西表島の東側にある水路で、ドリフトで潮の流れに乗ってマンタの姿を探します。点在する10箇所ほどの根にマンタがクリーニングに訪れますが、他のマンタポイントとは異なり、真っ白な砂地を優雅に舞うマンタが見られるレアなポイントです。下げ潮の潮止まり前という限定されたタイミングが狙い目。マダラトビエイやカマストガリザメといった珍しい生き物と出会える可能性もあります。

西表島/仲ノ神島東の根

ドリフトダイバーにとっては、知る人ぞ知る憧れの地。水深50mから豪快にそびえたつ岩盤の先では、強い潮流に乗ってイソマグロやバラクーダ、ロウニンアジなど圧巻の大型回遊魚が見られます。海況に左右やすいポイントのため、ボートが出航できないこともしばしばありますが、それでも通わずにいられない魅力を持つ特別なポイントです。

西表島/トカキン曽根

西表島の北部にあるバラス島付近の隠れ根があるポイントで、西表島屈指の大物ドリフトポイントです。トカキンにはイソマグロという意味があり、運が良ければ大群と遭遇できるかも。夏~秋にかけてベストシーズンを迎え、ギンガメアジやブラックフィンバラクーダ、ツムブリなどの見ごたえのある大型回遊魚がお出迎えしてくれます。

与那国島/ハンマーポイント

与那国島ダイビングの大きな見どころ、ハンマーヘッドシャークとの出会いが楽しすぎるポイントです。潮の流れが速い時ほど、群れとの遭遇率が高くなります。時期的には水温が低い12月~3月頃がベストシーズンとなるため、寒さに弱い人はドライスーツでのドリフト経験を積んでおくとよいでしょう。ウェットで挑戦する人は、5ミリのフルスーツ+フードベストにホットカプセルなどの防寒インナーの使用がおすすめです。

おわりに

難易度が高そうに思えるドリフトダイビングですが、潮流に乗る気持ち良さとダイナミックな光景に出会える魅力があります。もしダイビングを始めたばかりでスキルに自信がなくても、経験を重ねてレベルアップを目指しましょう。ダイバーしか味わえない大興奮の海中世界を、ぜひ体験してみてくださいね。

>>お得なファンダイビングツアー情報はこちら<<

ライター紹介 ライター一覧

tsumugi

tsumugi

九州在住。ダイバー歴は10年、経験本数は300本以上。海外でのダイビング経験もある女性ダイバー。初めて訪れた石垣島でダイビングを体験後、ダイビングの魅力にはまり地元でCカード取得。
その後は地元ショップに足繁く通い近郊を中心に年間50本ペースで潜る日々を送る。
所持しているライセンスはPADIのレスキューダイバー。

関連記事

  • 沖縄でサンゴが美しいダイビングポイント海を守るためできること

  • 沖縄の離島でダイビングするならどの島がおすすめ? 沖縄ダイビングツアー専門スタッフが離島の選びのコツを教えます!

  • 初心者でも安心!おすすめの沖縄ダイビングポイント
は?(沖縄本島&慶良間諸島)

  • ギンガメトルネードを見に行こう!おすすめダイビングスポット

  • 沖縄でジンベイザメに出会える?出会えるスポットは?ライセンスがなくても大丈夫?

  • 離島に行こう!石垣島と宮古島のダイビングの違い