沖縄ダイビングツアー > 徳之島ダイビングツアー > 徳之島エリアガイド

徳之島

ウミガメと出会える奄美諸島の中心地

徳之島とは?

奄美群島に属する離島の1つで、周囲約90キロの大きな隆起サンゴの島です。 壮大な歴史をもち、生命にあふれる文化と自然が調和しています。 すべての生命がこの島ではゆったりと育まれて、時間もゆっくりと流れていきます。まさにこれぞ自然豊かな南の島。

羽田・伊丹から飛行機が出ている他、フェリーも運行

徳之島ダイビングの特徴

ウミガメの遭遇率は日本一!

徳之島周辺の海域がダイビングポイント。 いまだ未開の地であるため、まだポイント名がつけられていない場所も多数あります。 島全体が隆起サンゴでできている徳之島ならではのおもしろ地形、アーチ、トンネルなど地形派にはたまらないポイントが盛りだくさん。 生物はマクロから大物まで、とくにコブシメとウミガメの遭遇率はおそらく日本No.1といって過言ではありません。

photo photo photo photo

平均気温と平均水温

平均気温と水温グラフ

シーズナリティー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
透明度 通年20m~30m
スーツ 5mmフルスーツ+フードベストまたはドライ 5mmフルスーツ 3mmフルスーツ 5mmフルスーツ  
見所 回遊魚 各種魚群が大きくなる(スズメダイ類・ヨスジフエダイ・ハナゴイなど) 回遊魚

ウミガメは年間通じてほぼ100%遭遇します

ザトウクジラ 洞窟系のポイントに差し込む太陽光線がベストシーズン マンタ/マダラトビエイ
コブシメ(3月~5月は交接・産卵) 稚魚・幼魚ベストシーズン コブシメ
ウミウシ各種 エビ・カニなどの甲殻類

ダイビングスポット

黒畦

リーフの先の飛び根とその周りを住み家にするマクロの群れが魅力的なポイントです。魚影が濃いだけでなく、穴もあるので地形も楽しめます。
黒畦

平土野

水深40メート以上の海底からそびえ立つ巨大な根に圧巻です。オーバーハングや様々な形のアーチがあり、地形が楽しいポイントです。
平土野

テラ

1つのポイントで地形と魚影を楽しむ事が出来ます。白砂の美しい海底やクマノミ等の魚影に癒やされます。
テラ

ビックシェル

巨大なサンゴと砂地が広がる穏やかなポイントです。クマノミなどのマクロを観察しながら、のんびり癒やしのダイビングが出来ます。
ビックシェル

金見ブルーホール

魚影は徳之島内でも1、2を争うほどの濃さで、ビーチエントリーの際は隆起サンゴのリーフ上にあるタイドプールから行います。
金見ブルーホール

シオトビヤ

すべてのコンディションが整っていないと潜ることが難しいポイント「シオトビヤ」多種の小魚がたくさん生息していて、とても癒されます。
シオトビヤ

トンバラ

上級者でしかも小潮の潮どまりしか潜れないため、腕利きのダイバーなら誰もが潜りたくなるような徳之島の一級ポイントです。
トンバラ

千間海岸

広いエリアに違った表情をもつ3つのスポットがあり、どのポイントも洞窟やアーチが多くサンゴ礁も発達している極上ポイントです。
千間海岸
徳之島エリアガイド

鹿児島と沖縄のイイトコ取り!見所満載の奄美大島は沖縄とは違ったダイビングが楽しめる!

奄美諸島徳之島ダイビング&フリープラン!観光地化されていない素朴な南の島には雄大な自然があふれ、海中にも未知なるスポットも多数あり!!

徳之島スポットガイド

ツアーに関するお問い合わせ

インフォメーション

サイトについて
スタッフブログ
ベリーブログ
このページの先頭へ