沖縄ダイビングツアー > 阿嘉島ダイビングツアー > 阿嘉島エリアガイド

阿嘉島

素朴な昔ながらの沖縄の雰囲気が残る島

阿嘉島とは?

阿嘉島は、ケラマ諸島中最も那覇から遠い離島で、沖縄本島から南西に約40km離れた位置にあり、 離島の雰囲気が残る人口300人程度の小さな島です。 阿嘉島の名物ビーチ【ニシハマビーチ】は白い砂浜と真っ青に澄んだ海がとても感動的です! また天然記念物のケラマ鹿に出会えたり、阿嘉島周辺を一望できる展望台からの眺めなどアフターダイブも楽しめます。 ケラマ諸島の中でも多くの観光客ががリピーターになる、魅力に溢れる島です。

那覇からフェリーで約1時間30分
高速船で那覇より直行の場合約50分、座間味島経由の場合約1時間10分

阿嘉島ダイビングの特徴

バリエーション豊富なケラマの海!

小物充実の穏やかな内湾、大物も狙える外洋、浅瀬に広がるサンゴ礁など、 さまざまな環境が楽しめるケラマ諸島! その中でも、阿嘉島を代表するスポット【ニシバマ】は、美しい砂地にサンゴの根が存在する ケラマでも人気の高いスポット! またイソマグロやロウニンアジといった回遊魚を見れるポイントやサンゴに群がるカラフルな魚達が 見れるポイントが多数あり、あらゆるダイバーを楽しませてくれます。 またダイビングポイントまでは、5-20分と比較的近く、船酔いが心配な方でも安心してボートダイビングが楽しめます。

photo photo photo photo

平均気温と平均水温

平均気温と水温グラフ

シーズナリティー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
透明度 通年25m
スーツ 5mmフルスーツ(冬季はフードベストがあった方が良いかと思います)
見所 写真派にはわがままし放題。
マクロ派にはもってこいの季節。
ダイビング帰りにクジラ!
ホエールウォッチングはいかがですか?
稚魚の季節
キンメモドキ
スカシテンジクダイなど
まだまだ水温が高くタカサゴの群れ等天気の良い日は地形が最高!
大物の季節
台風以外は外洋OKで
イソマグロ、ギンガメアジなど
下曽根、タカチンシ、男岩など
見所盛りだくさん!

ダイビングスポット

平瀬

巨大なテーブルサンゴが目立ち、ハードコーラルやソフトコーラルの群生が広がり、まれに回遊魚にも出くわすポイントです。
平瀬

安室漁礁

人工漁礁が2箇所に点在しており、ナイトダイビングによく使われるポイントで、ユビエダハマサンゴの群生が広範囲に広がっています。
安室漁礁

イジャカジャ

ケラマの中でマンタを見られる数少ないポイントの1つのイジャカジャ。マンタ以外にもウミガメが多く見られ、大人気のスポットとなっています。
イジャカジャ

サクバル

阿嘉島の南に位置する「サクバル」。ここは、地形・サンゴ・魚と一度に多くを楽しめる阿嘉島屈指のダイビングスポットです。
サクバル

ニシ浜

真っ白な砂地にサンゴや魚が豊富なポイントです。透明度も高く、珍魚にも遭遇できるニシ浜は、沖縄の海の中で楽しさナンバー1です。
ニシ浜

黒崎

阿嘉島の北に位置するダイビングスポット「黒崎」。ここはサンゴが有名で、迫力満点!運が良ければ、マンタが見られるスポットとなっています。
黒崎
阿嘉島エリアガイド

沖縄本島から気軽に行けるケラマ諸島!渡嘉敷島・座間味島・阿嘉島など離島ステイでダイビングを思いっきり楽しもう!!

安さが人気!!!那覇・西海岸・ケラマ諸島からお好みのエリアを選択して透明度抜群の沖縄本島の海に潜ろう!

阿嘉島スポットガイド

ダイビングスポット
観光地
宿泊
グルメ
ツアーに関するお問い合わせ

インフォメーション

サイトについて
スタッフブログ
ベリーブログ
このページの先頭へ