レッドフィンダイビングツアーダイビングツアー【沖縄ダイビング専門のレッドフィン】

砂地
方面
波照間島
ツアー形態
3日間4DIVE付/4日間4DIVE付/5日間6DIVE付/6日間8DIVE付
人数
1名様から参加可

波照間島を潜る前に知っておこう!
ー波照間島に関するひとくちメモー

波照間島は、日本の最南端に位置する有人島で、南十字星が日本で一番良く見える島としても有名です。
波照間の海の美しさは日本でも随一と言われ、常に30mオーバーの透明度を誇る海の中はどこまでも見渡せそうな解放感に包まれます。波照間ブルーと呼ばれる真っ青な海と真っ白な砂浜のコントラストが美しく、癒しのダイビングを求めて多くのダイバーが訪れています。

アクセスは、石垣島から高速船で約70分。長旅の末に辿り着いた先には、驚くほどの美しい海と溶け合う空の青さに見惚れて時間を忘れてしまうかも。

波照間島のダイビングは100%ボートダイビングで、ドリフトはほとんどありません。ポイントまでの移動時間は10分から20分ほどなので、乗り物に弱い方でも安心。
基本は2ダイブで、リクエストがあれば3ダイブもOK。日常を忘れて思いっきりリフレッシュしたいのなら、波照間島でのダイビングがおすすめです!

  • 砂地写真
  • 砂地写真
  • 砂地写真

砂地ダイビングについて

魅力と楽しみ方

波照間島には、真っ白な砂地が美しいダイビングポイントが点在しています。太陽の光を反射して海の中が明るく照らされると、広がる砂地に棲むたくさんの生き物たちを観察することができます。
サンゴの根の周りには、クマノミやアカヒメジ、ヨスジフエダイの群れなどのカラフルな熱帯魚が泳ぎ、ハゼやエビ、カニといったマクロ生物もたくさん見ることができます。

また、砂地をふわふわと泳いでいると、まるで別の惑星を探検しているような気分に浸れるかも!まったり過ごすだけで癒しの効果も抜群。ここでしか味わえない特別なダイビングをぜひ体験しましょう。

砂地ダイビングの注意点

砂地のポイントは初心者でも安心して潜ることができますが、だからこそ気を付けなければいけないこともあります。
中性浮力のコントロールに自信がない初心者ダイバーの方は、つい着底してしまう方も多いのですが、砂地に潜む生き物に注意しなければいけません。例えば、砂地でよく見るエイには、しっぽに毒があります。うっかり触って刺されると大怪我につながります。

他にも、フィンで砂を巻き上げてしまうと、他のダイバーの視界を奪うことになります。周囲の人に迷惑をかけないためにも、砂を巻き上げない泳ぎ方をマスターすることが大切です。

砂を巻き上げないコツ

砂地でのフィンキックは、カエルキック(あおり足)がおすすめです。体をまっすぐ水平に保ち、フィンが大きく上下しないように意識しましょう。難しければ、指や指示棒を砂地に突き刺しながら進むと、フィンはほとんど動かさなくても大丈夫です。

砂地から離陸するときは、空気を肺に取り込んで浮力のみで少しずつ上昇します。「息を大きく吸って浮力を得たら短く吐く」を繰り返しましょう。もしくはBCに少しずつエアを送り、ゆっくり上昇しましょう。自身がない方は、後ろに人がいない状態で練習してみてくださいね。

砂地を泳ぐダイビングツアー

日本最南端島にあるダイビングショップ「アトラス波照間」利用

アトラス波照間

日本最南端の有人島、波照間島。利用するショップは「アトラス波照間」。100%ボートダイビングでアンカリングが基本でドリフトはほとんどありません。ポイントまでの移動時間は10分から20分で、午前中1本潜った後に一度島に戻り、お昼休憩を挟んでから2本目というスタイルなので船酔いの心配も軽減されます。ここでしか味わえない一面ブルーの世界、波照間ブルーをぜひ味わって下さい。アフターダイブはのんびりと島時間を満喫♪

出会いたいものから探す
マンタ
マンタ
地形
地形
海底遺跡
海底遺跡
ハンマーヘッドシャーク
ハンマーヘッドシャーク
砂地
砂地
ウミガメ
ウミガメ
マクロ
マクロ
魚群・大物
魚群・大物