レッドフィンダイバーズガイドダイビング【沖縄ダイビングをもっと楽しむレッドフィンダイバーズガイド】

レッドフィンダイビングツアーは、海を楽しむアクティビティ、ダイビングをより楽しむための情報サイトに生まれ変わりました!
沖縄・奄美方面をはじめとしたダイビングエリアも紹介しています。
【重要】ハックルベリーツアー/レッドフィンダイビングツアーの今後についてのお知らせ
>ツアー検索にお困りの方はこちら
マンタ

言わずと知れた海の人気者、マンタ!
まだ会ったことがないというダイバーの皆さん、是非会いに行きませんか?石垣島の川平エリアにあるマンタポイントは、かなりの高確率でマンタに出会える大人気ポイントです。水深は浅く流れもないため、初心者でも大丈夫です!

更に、今おすすめなのが久米島のマンタステーション。日本にはもう無いと言われていたマンタのクリーニングポイントが2017年11月に久米島で発見されました。このポイントでは年間を通して日々多くのマンタが目撃され、多い時期には10枚~20枚の個体数が目撃されることもあります。レアなブラックマンタとの遭遇率も高く、マンタに会いたいなら是非行ってみたいポイントです。

方面
石垣島(川平)、久米島(イーフビーチ近くのポイント)
ツアー形態
3日間2DIVE付/4日間4DIVE付/5日間6DIVE付/6日間8DIVE付
人数
1名様から参加可

※必ず見られると確約できるツアーではございませんので、予めご了承ください。

  • マンタ写真
  • マンタ写真
  • マンタ写真

久米島のベストシーズンはいつ?

久米島のマンタポイント「マンタステーション」なら年中高確率でマンタに逢えます。
「マンタステーション」が発見されるまでは、久米島のマンタといえば12月~3月までの冬シーズンに出逢えると言われていました。ですが、このポイントでは北風の影響を受けることが少ないので年間を通して高確率でマンタに出逢えることが出来ます。

石垣島のベストシーズンはいつ?

マンタポイントは石垣島の北側にあるポイントのため、北風が吹くシーズンは行くことができない日も多くなります。そのため、マンタに会いに石垣島に行くのであれば、6月~10月頃がベストシーズンとされています。
春先や秋口は、季節風や海況が不安定な日も多く、出航できる確率は五分五分といったところです。
ただし、9月~11月にかけてはマンタが群れになって現れやすいので、海況さえ良ければマンタが乱舞する姿を見ることができるかもしれません!

マンタに会いに行く前に知っておこう!
ーマンタに関するひとくちメモー

マンタの本名は?

マンタの標準和名は「ナンヨウマンタ(イトマキエイ属)」と「オニイトマキエイ(オニイトマキエイ属)」の二種類あり、石垣島で出会うことができる種類の大半が「ナンヨウマンタ」です。
名前の由来は『マント』に由来し、世界的にもマンタという名称で呼ばれています。エイの仲間では最大の大きさになります。

何を食べているの?

マンタの基本的な好物はオキアミなどの、小さなプランクトンです。大きな口を開けて水面近くの水深を行ったり来たりして食事をしています。

大きさはどれくらい?

大きさは3~4m前後のものが多く、最大でも5mほどの大きさです。

どうやって産まれるの?

マンタは魚の仲間ですが、交尾によって出産をする珍しい生き物です。お母さんマンタがお腹の中で卵を孵化し、ある程度育ててから産まれます。
妊娠期間は約1年で、産まれたばかりの赤ちゃんマンタは約70㎝~1mの大きさです。一度に1~2枚(ダイバーの間では、マンタの数え方は"枚"です)生まれ、出てきた時には大人と同じ姿をしています。

【石垣島】なぜ川平の海にやってくるの?

川平のマンタポイントには、クリーニングステーションと呼ばれる根がいくつかあります。そこでホンソメワケベラ等に体に付いている寄生虫を食べてもらっています。ただ、ホンソメワケベラはあちこちにいるので、川平にマンタが集まって来る本当の理由はまだわかっていません。

【久米島】ブラックマンタって何?

「ブラックマンタ」はごくまれにダイバーの目撃例がある程度で、世界的に見ても情報は少なく非常に珍しいマンタです。
通常マンタは背面が黒く腹面は白いのですが、ブラックマンタは背も腹面も真っ黒になっています。
そんな希少なブラックマンタが久米島の「マンタステーション」で現在2個体確認されており希少なマンタの割には高めの確率で見られるとのこと!運が良ければ出会えるかもしれません。

マンタを見分けてマンタウォッチングを楽しもう

・雄と雌を区別しよう
オスは尾びれの付け根にクラスパーと呼ばれる突起があり、メスにはありません。
・お腹の模様で区別しよう マンタには、白地のお腹に黒い斑紋(人間で言う指紋のようなもので、同じ模様はいません)があります。黒地のお腹に白い斑紋がある個体はブラックマンタと呼ばれています。石垣島でも時々目撃されているので、もし出会えたらラッキーです!

マンタに会える久米島ダイビングツアー

マンタポイントに近い「イーフスポーツクラブ」利用

イーフスポーツクラブ

宿泊先は久米島唯一のオンザビーチホテル!イーフビーチホテル泊。ダイビングショップはホテル内にあります。ポイントのマンタステーションはイーフビーチから船で約10分ほど。移動時間が短いので船酔いしやすい方でも安心。

「アイランドエキスパート久米島」利用

アイランドエキスパート久米島

宿泊は「リゾートホテル久米アイランド」。館内にあるダイビングショップ利用なので当日も移動が楽です。

マンタに会える石垣島ダイビングツアー

2015年4月オープンの新しいダイビングショップ「OceanStudio」利用

オーシャンスタジオ

2015年4月オープンの川平のダイビングショップ。市内ホテル宿泊でダイビング当日はホテルまで送迎有り。石垣の海をとことん潜るならここ!

出会いたいものから探す
マンタ
マンタ
地形
地形
海底遺跡
海底遺跡
ハンマーヘッドシャーク
ハンマーヘッドシャーク
砂地
砂地
ウミガメ
ウミガメ
マクロ
マクロ
魚群・大物
魚群・大物