沖縄ダイビングツアー > 石垣島ダイビングツアー > 石垣島エリアガイド

石垣島

マンタに会える!ダイバーに大人気の島石垣島

石垣島とは??

沖縄本島から南へ約430kmにある島。周囲約162km、面積は約222km²で、沖縄県内では沖縄本島、西表島に次いで3番目に大きい島である。 八重山の各離島への玄関口であり、行政や経済の中心となっています。 八重山の中心的存在のこの島には絶景を望める観光スポットも多く、日本百景の川平湾を始め、 平久保・玉取など素晴らしい景色を楽しむことができる。 南部には平地が広がり、北部には山々が連なっており、 島の年平均気温は24.3℃のまさに常夏の島として人気!

那覇から飛行機で約1時間。大阪、東京からは直行便も。復路は那覇経由便。

石垣島ダイビングの特徴

サンゴとマンタの楽園!

石垣島には多数のサービスがあるが、滞在エリアによって潜るポイントが多少異なってきます。 拠点となるのは、市街地地区と川平地区、そして北部地区になります。 市街地を拠点とした場合 島の南側と竹富島周辺のポイントがメイン。 南部エリアは、浅い水深に白砂が広がり、そこにサンゴの根が点在するヒーリングスポットや、 迫力あるドロップオフがあり、大物との遭遇ができるポイントがあるなど、 バラエティに富んでいるのが南部エリアの大きな特徴。 川平地区を拠点とした場合 半島状の石崎周辺から米原沖までの川平エリアがメインとなる。 川平エリアといえば、世界最大のエイ・マンタが集まり、大乱舞を披露してくれるポイントもあり、大人気のスポット。 北部地区を拠点とした場合 北部エリアを中心に、川平までをメインとしている。 北部エリアは、ダイビングサービスも少なく、潜るダイバーの数が少なくまだまだ海は手付かずの状態。 特にサンゴが元気でサンゴ目当てに訪れるダイバーを多い。

photo photo photo photo

石垣島のダイビングといったら、やはりマンタ! 世界的にもマンタを見られる場所は限られる中、【川平石崎マンタスクランブル】では、 非常に高い確率でマンタに逢うことができる。 ポイントは川平エリアになるが、ここにはどの地区からも潜りに行く、日本のスーパースポット!

平均気温と平均水温

平均気温と水温グラフ

シーズナリティー

1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
透明度 通年25m
スーツ 5mmフルスーツ+フードベスト 5mmフルスーツ 3mmフルスーツ 5mmフルスーツ+フードベスト
見所 黒島マンタ   川平マンタ 川平マンタ最盛期 川平マンタ  
コブシメ産卵   西表・波照間などに遠征 回遊魚
コブシメ産卵&交接~ハッチアウト サンゴの産卵 ニシキテグリ  
ウミウシ テンジクダイ   ウミウシ
石垣島エリアガイド

沖縄でマンタに出会う!世界的なマンタスポット石垣島以外にも、周辺離島や西表島、さらに那覇から行ける慶良間諸島でもマンタに出会える!おすすめのシーズナリティーもご紹介!

新石垣島空港開港!乗り継ぎなしで便利な直行便で行く☆関西発と羽田発のツアーです。

ダイバーに人気の大物・魚群・地形!おすすめエリアをご紹介!この夏、新たなダイビングに挑む!

ダイビングシーズン到来!アフターダイブも思いっきり満喫できる石垣島で夏を目一杯楽しもう!!

今年7月に那覇~石垣間を結ぶスカイマーク便の運航就航する事が決定!リーズナブルになった神戸発のツアーで八重山へ潜りに行こう!!

石垣島は潜るのに最適なシーズンに入りました。ショップと宿泊施設が併設されており便利な「マリンサービスKATSU」のご利用をお勧め致します!

マンタに会える!石垣島ダイビングツアー

世界的に有名なマンタスポットがある石垣島の川平地区!毎年多くのダイバーがマンタに会うために訪れる沖縄の中でも人気の離島ツアーです!

ツアーに関するお問い合わせ

インフォメーション

サイトについて
スタッフブログ
ベリーブログ
このページの先頭へ