渡嘉敷島ダイビングライセンス

水深18Mまで潜れるライセンスを取ろう!

ダイビングをはじめる時、水深18メートルまで潜れるライセンスを取得するのが一般的です。このライセンスがあれば、インストラクターなしでもバディシステム(2人1組)でダイビングを楽しむことができるようになります。「知識」を学ぶ「学科講習」と、プールまたは浅い水深の海で行う「限定水域実習」、実際の海で潜る「海洋実習」を受け、テストに合格すればライセンスを取得できます。
沖縄では、最短3泊4日でライセンスを取得することができます!
インストラクターが丁寧に教えてくれるので、難しいということはありません!

取得できるダイビングライセンスは?

渡嘉敷島ダイビングライセンス受講コースだと
PADIオープンウォータ、BSACオーシャンダイバー
のどちらかとなります。
指導団体やライセンス名は違いますが、どれも同等のライセンスです。
(指導団体はお選び頂けません、ショップにおまかせとなります)

ライセンス取得に必要なもの

・水着・バスタオル
・ダイビンググローブ(現地販売あり)
・申請用写真2枚
(指導団体によってサイズが異なります)
・ライセンス申請料金4,000円(現地清算)

ライセンス取得参加条件

満10歳以上65歳以下の健康な方
※満60歳以上の方には過去3ヵ月以内の健康診断書の提出が必要

喘息・気腫・肺結核・てんかん・糖尿病・心臓疾患・高血圧など持病があるかたは参加できません。また妊娠中の方も参加できません。

ダイビングライセンスQ&A
メリット1 より深い海を体験できる

体験ダイビングでは潜れない水深18メートルまで潜れるようになります! 潜行時間も長いので、より深い海の世界を堪能できます。

メリット2 世界中の海で潜れる

ダイビングライセンスがあれば、世界中の海で潜ることができます!体験ダイビングがない国でも潜ることが出来る、 グローバルな資格です。

メリット3 無期限!一生ものの資格!

一度とってしまえば、有効期限がなく一生物!年齢を重ねてからでもできるスポーツなので、生涯を通して楽しむことができます。

メリット4 1日に潜れる回数が増える

体験ダイビングでは1日に1本ですが、ダイビングライセンスがあると1日に最大4本まで潜ることが出来ます。

メリット5 時間・お金の節約になる

ダイビング前の講習を受けずにすむので時短!ライセンスがあれば器材購入も可能なので、毎回のレンタル料も節約できます。

メリット6 ダイバー仲間が増える

ショップで一緒に潜ったダイバーさんとは自然とコミュニケーションが生まれるもの!素敵な出会いがあるはずです!

講習の流れ(4泊5日プラン)Nagare

1日目沖縄に到着!

1日目

那覇空港到着後、フリータイム。各自宿泊先まで移動をお願いします。宿泊は那覇市内スタンダードです。 追加料金で、1日目から渡嘉敷島へ渡ることも可能です(お問い合わせください)

2日目学科講習・限定水域講習

2日目

9時発の高速船に乗り、渡嘉敷島へ!港からダイビングショップへは送迎あり。受付後、限定水域講習と、学科講習を受講していただきます。

3日目海洋・学科講習・テスト

3日目

いよいよ海での実習です!世界に誇れるケラマの海でのライセンス講習だなんて贅沢ですね!海洋実習の後は、学科講習、そして学科テストを受講していただきます。

4日目海洋・申請手続き

4日目

海洋実習を2本行います。その後、ライセンスの申請へ!
ダイバーに認定されほっと一息。疲れもあると思いますのでのんびり休んでくださいね。

5日目各自チェックアウトし空港へ

4日目

各自チェックアウト後、出発まではフリータイムです。5日目にファンダイブや観光をつけて、1泊延長することも可能です♪

ダイビングライセンスツアー

【シーフレンド利用】
ダイビングライセンス(Cカード)取得コース

慶良間諸島の1つ「渡嘉敷島」でのダイビングライセンス取得コース!那覇から少し離れた島でのんびり過ごしてみてはいかがですか?1日目はフライト時間の都合で那覇市内のホテルでのご宿泊となりますが、追加料金(フライト割増+ダイレクトイン料)でその日のうちに渡嘉敷島へ入って頂ける「ダイレクトインコース」もご案内可能です!