レッドフィンダイビングツアーは、海を楽しむアクティビティ、ダイビングをより楽しむための情報サイトに生まれ変わりました!
沖縄・奄美方面をはじめとしたダイビングエリアも紹介しています。
【重要】ハックルベリーツアー/レッドフィンダイビングツアーの今後についてのお知らせ
>ツアー検索にお困りの方はこちら
ダイビングはじめてナビ
ダイビングのお金事情

ダイビングは実際どれぐらいお金がかかるのでしょうか?
また、ツアーパックがなぜ安いのかを解説します。
お得にダイビング旅行を楽しみたい方必見です!

気になる体験ダイビングの費用

体験ダイビングはライセンス不要でダイビングを体験でき、比較的気軽に参加できるスポーツ。他のマリンスポーツと比べてどのくらい価格差があるのか見てみましょう。

体験ダイビングは少し割高

主な人気のマリンスポーツ(沖縄本島/相場価格)

オーシャンウォーク 6,000〜7,000円
パラセーリング 6,000〜7,000円
フライボード 8,000〜9,000円
マングローブカヤック 6,000〜7,000円
シュノーケル 3,800〜5,000円
体験ダイビング 9,500〜12,000円

時期によって多少の価格変動はあるものの、体験ダイビングは少し割高

同じ海の中でのオーシャンウォーク、シュノーケルと比べても大きく価格が上がります。その分、他のマリンスポーツよりも海の中でたくさんのお魚と間近に触れ合うことができるのが体験ダイビングの魅力。それなりの準備と費用は必要ということですね。

気になるライセンス取得・ファンダイビングの費用

ダイビングライセンスは、各ダイビングショップに講習を申し込み、実習・学科試験を経て取得します。ライセンス取得後はファンダイビングに参加できるようになります。(ファンダイビングとはライセンス保持者がダイビングを楽しむ(FUN)という意味で使われている用語です。)それぞれどれぐらい費用がかかるのか見てみましょう。

ライセンス取得代、数日間のファンダイビングは割高

主な費用(相場価格)

ダイビングライセンス
取得
40,000〜60,000円
ファンダイビング
(2DIVE)
12,000〜15,000円

ライセンス取得代、数日間のファンダイビングは割高

このように、高額な講習代を理由にライセンス取得を断念する方も多いでしょう。ファンダイビングは通常2DIVEで1セットの価格設定ですが、これを2日間または3日間行うとその2倍・3倍となります。さらに旅行の場合は交通費や宿泊代などが加算されていくので、考えただけでも高額ですよね...。そこで、パッケージツアーを利用することで費用を少しでも抑えることができます。

なぜパッケージツアーは安くなる?

パッケージツアーとは、「航空券」+「宿泊」+「ダイビング」+「保険」が1つのパッケージとなったツアーのことです。パッケージツアーはなぜ、安くなるのでしょうか?

パッケージツアーは航空券、宿泊、ダイビングがセットになってお得

どんな施設も基本的にはお客様が来てほしい、もっと賑やかにしたいというのが本音です。ただ、どこの施設にしても、交通やサービスなど全てのおもてなしをお客様に提供するのは至難の業。そこで、様々な施設を集めてそれを1つにまとめることで費用を抑えたパッケージツアーが誕生するわけです。いろいろな条件のもと、それぞれの施設がサービスの質を落とすことなくリーズナブルな価格設定を行っているので、料金が安くても安心して利用できます。
さらに、よくある早割プラン等は支払期限やキャンセル料金等が早期に発生する場合がありますが、弊社ツアーではキャンセル料は一律ご出発の20日前から発生するので早期ご予約でも安心してご利用頂けます。

個人手配とパッケージツアーの料金を比較

1名利用、旅行期間は12月19日(火)~12月22日(金)、フライトは往路が羽田発(夕方)、復路が那覇発(午前)の場合

  • ダイビングライセンス取得ツアーの料金比較
  • ファンダイビングツアーの料金比較

個人手配より、パッケージツアーの方が安い!

弊社のパッケージプランは航空券+宿泊+2DIVEにプラスしてダイビング保険も付いているのでさらにお得に利用できます。ですが、宿泊先や利用するダイビングショップが固定されているので自分の好みに合わない事もあります。多少料金に変動は生じてしまいますが、希望に添った施設を指定することもできるのでお問合せの際一度ご相談してみてください。

パッケージツアーは安くて安心に利用できる

ダイビングは確かにお金がかかりますが、計画次第で想像以上にお得に楽しめることがわかりましたね。今はいろいろな方法で飛行機もホテルもサービスも手配ができる時代。中にはとびきり格安で利用できるものがあるかもしれませんが、安さには理由があるということをしっかり理解しておきましょう。安心安全な手段で、お得にダイビングを楽しみましょう!