「シオトビヤ」徳之島ダイビングエリアガイド

シオトビヤの詳細

シオトビヤ

徳之島の東に位置するダイビングスポット「シオトビヤ」。
漢字だと汐飛屋と書きます。

ボートダイビングが主流で、時々流れが強くなる為、中級者向けのポイントだといわれています。

名前の通り汐が飛ぶように流れることもあるので、
中潮、大潮の時は潜ることが出来ません。

天候・海況に左右されやすい場所となっていますが、
海の中は素晴らしい情景が広がっています。

外洋に面していて、波当たりも強いので、浅瀬のサンゴは生き生きとしています。
小魚もたくさん生息していますが、
イソマグロやカンパチといった大型のお魚にも出会うことが出来ます。

sio4.jpg

徳之島では、様々な種類のチョウチョウウオがいます。
その中でも少し珍しいのが「カガミチョウチョウウオ」というお魚です。

見た目は地味なお魚ですが、個体数が少なく、貴重なお魚です。
おっとり、のんびりした性格なので、じっくりと写真撮影をすることも出来ます。

時期によっては、産卵姿を見ることも出来るそうです。

sio1.jpg

ここは、お魚と太陽のコントラストがなんとも言えないポイントです。

すべてのコンディションが整っていないと潜ることが難しいポイントとなっていますが、
特の島を訪れた際は、ぜひ挑戦してみて下さい。

>>徳之島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
千間海岸
千間海岸
シオトビヤ
シオトビヤ
トンバラ
トンバラ
金見ブルーホール
金見ブルーホール
ビックシェル
ビックシェル
テラ
テラ
平土野
平土野
黒畦
黒畦
>>観光や気温などの徳之島情報はこちら