「沈船あまみ」与論島ダイビングエリアガイド

沈船あまみの詳細

沈船あまみ

与論島で代表的なダイビングスポットの「沈船あまみ」

沈船あまみとは、1993年5月に旧巡視艇「あまみ」が沈められ、新たなダイビングスポットの誕生となりました。

全長が51.43mと大きな船体が水深約40mに沈む姿は、ダイナミックで幻想的です。

日本最大級の沈船に、ダイバー達も息を呑む程です。

水深が深い為、沈船を間近で観察出来るのは上級者のみとなってしまいますが、
透明度が非常に高い為、初心者でも棚上から全景を眺める事が出来、充分に楽しめるポイントです。

深度を感じさせない程、透明度が抜群の海中に横たわる沈船を

ひと目みたいというダイバーが全国各地からやってくる程の人気です。

yoama4.jpg

船が沈められてから何年もの時を経て、

今では魚影も濃くなり、クマザサハナムロやツバメウオが群れる姿が見られます。

また、ウミガメやイソマグロ等も見られる事もあり、

ダイバー達の目を楽しませてくれます。

浅瀬にもハゼやクマノミといった可愛らしい魚達が住みついており、

初心者ダイバーさんでも満足が出来るポイントです。

yoama2.jpg

港からボートで約5分の位置なので、船酔いが心配なダイバーさんにもお勧めです。

日本最大級の沈船、そして魚影の濃さと楽しみが盛り沢山のポイントです。

【見られる生物】

クマザサハナムロ・ツバメウオ・スミレナガハナダイ・ハナゴイ・ヨスジフエダイ・カクレクマノミ

アオウミガメ・イソマグロ・ロウニンアジ

>>与論島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
ハキビナのマグロ根
ハキビナのマグロ根
マーメイドロック
マーメイドロック
沈船あまみ
沈船あまみ
海中宮殿
海中宮殿
キャニオン
キャニオン
ホヌホヌ
ホヌホヌ
>>観光や気温などの与論島情報はこちら