「ハナレビーチ前」渡嘉敷島ダイビングエリアガイド

ハナレビーチ前の詳細

ハナレビーチ前

阿波連ビーチと離島との間に位置する渡嘉敷島のダイビングポイント「ハナレビーチ前」
別名、阿波連離れとも呼ばれているそうです。

このポイントの特徴は、港から近く、水深は浅めで、
様々なお魚たちと出会える面白い場所だということです。
白い砂地がとても綺麗で、ダイバーさんにとって癒される人気のポイントとなっています。

HANARE1.jpg

エントリーすると真下にキンメモドキの幼魚が群がっている大きなサンゴがあります。

水深は最大6mなので、初心者ダイバーさんにもおすすめの場所です!
透明度も抜群に良いので、いろんな種類の生き物を観察することが出来ます。

キンメモドキ以外にもスカシテンジクダイ、デバスズメダイ、ヨスジフエダイの群れや
ペアで行動しているチョウチョウウオ等があちらこちらで泳ぎ回っています。

また、多くの種類のクマノミたちに出会うことも出来ます。
サンゴに隠れていたりするので、サンゴの周りを探し泳ぐことも楽しいかも知れません。
岩陰には、ハナヒゲウツボの幼魚が穴から顔を出していたりと様々な発見があります。

HANAREKUMANOMI.jpg

大物回遊魚やレアな魚がいるわけではないですが、のんびりゆったりダイビングを楽しむには、ここは最適です。

誰もが想像する「穏やかな美しいリゾートの海」
まさにその言葉通りの海が広がっているポイントだと言えます。

渡嘉敷島は那覇からも近いので、ちょっと時間がないという方にもおすすめの島です。
このポイントも手軽に楽しめるスポットですので、癒されたい方は、ぜひ訪れてみてください。

>>渡嘉敷島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
灯台下
灯台下
男岩
男岩
海人
海人
野崎(ノザキ)
野崎(ノザキ)
ハナレビーチ前
ハナレビーチ前
アラリ
アラリ
タマルル
タマルル
アカンマ
アカンマ
ムチズニ
ムチズニ
>>観光や気温などの渡嘉敷島情報はこちら