久米島で新発見!マンタステーションへ行こう

世界中のダイバーから人気の久米島が、今、
さらに注目を集めています。
日本にはもう無いと思われていたマンタの
クリーニングポイントが2017年11月に
久米島で発見され、
新マンタスポット「マンタステーション」として
人気急上昇中なのです!!

マンタステーションとは

久米島マンタステーションマップ

2017年11月に《久米島潜水》の町田宗良さんが発見したマンタが集まるポイントを、「マンタステーション」と公表しています。

以前まで久米島では秋の終わり頃から春先にかけて、マンタを目撃することは多かったのですが、捕食中だったり、通りすがりだったりと、クリーニングステーションでボバリングするマンタではありませんでした。

それだけに今回の「マンタステーション」の発見は大変大きなものでした。
安全対策協力会では「調査機関3年」として漁協や島のスノーケルなどの業者にも申し入れして、今後も引き続き現在も調査を続けています。

知っておこう!マンタステーション情報

マンタステーションはビーチから近くて行きやすい!
久米島イーフビーチ

ポイントまでは大変近く、イーフビーチから船で約10分でアクセスできます。
移動時間が短いので、船酔いしやすい方でも安心! 季節の風向きの影響もそれほど受けず、年間を通して行けるポイントです。

年中高確率でマンタに逢える!

このポイントが発見されるまで久米島のマンタは、12月~3月までの冬シーズン、しかも周遊中に逢えることが多い状況でした. ですが、マンタステーションでは年間を通して高確率でマンタに逢えることが出来ます!

久米島の海は驚きの青さ!マンタも映えます!
青い海で泳ぐマンタ

久米島の海は東は太平洋、西は東シナ海に囲まれた絶好のロケーションです。透明度も抜群で、海の中は久米島ブルーと言われるにふさわしい青い世界が広がっています。そんな美しい海の中で悠々と泳ぐマンタの姿は必見です。

ゆっくりじっくり、マンタを観察出来る!
泳ぐマンタ

ここではマンタが小魚に体を掃除してもらいたくて訪れるので、マンタの動きもゆっくりです。 根の上でボバリングしていたり、ゆっくりと周遊している姿を観察できます。 マンタとの距離がかなり近いことが魅力。マンタが真上で舞っていることも!?

運が良ければブラックマンタに出会えるかも!?
二枚のマンタ

なんと国内では殆ど見ることが出来ないブラックマンタもこのポイントに出現します。 現在、確認されているのは2個体とのことですがこの先まだ新個体が発見されるかも...!?
お腹にミッキーマウスのような模様があるブラックマンタが、地元のダイビングショップの方から「ミッキー君」と呼ばれています。 マンタステーションで「ミッキー君」をぜひ探してみてください。

気をつけよう!マンタウォッチングのルール

  • マンタの根に登らない

  • マンタに触らない

  • マンタを追いかけない

  • マンタに泡をあてない

  • EN&EX時にも気配りをする

  • マンタがいる場合は必ず着底している

  • ゲストや他のダイバーに知らせる際はむやみに音は鳴らさない

  • ガイドやアシストのスタッフはもちろん、ゲストも中層を泳がず水底近くを移動する

見どころ満載!久米島ダイビングの魅力

久米島の海は透明度抜群、黒潮の恵みを受け、海中の魚種、魚影の濃さも沖縄でトップクラス!
ここではマンタ以外の魅力の一部をご紹介します。

回遊魚と言えば久米島!
「イマズニ」

イマズニ

地形派にはたまらない、島の北側にある人気のポイントです。
オーバーハングやクレバスなどが入り組み、地形派は大興奮すること間違いなしです。

港から10分ほどで行けるこのポイントでは、ギンガメアジの大群が渦巻くスポットとして有名です。大群がぐるぐると渦を巻きながら泳ぎ、海底に潮流を生み出しています。
青い海に映える魚群の濃さにはきっと驚かされますよ。

大物三昧の海!ダイナミックな
地形も...「トンバラ」

トンバラ

島の南東エリアには「トンバラ」と呼ばれる大人気ポイントがあります。
夏はイソマグロやギンガメアジなどの回遊魚、冬はハンマーヘッドの群れに遭遇できることも。
このポイントは流れが非常に複雑で変わりやすいので、中級〜上級レベルのスキルが求められます。
大海原に立ち上がる三角岩「トンバラ」は迫力満点! 海の調子が良い時は海の中の透明度が50メートルぐらいになることもあります。

豊かな海況に生物の多様性も
ピカイチ!

久米島の豊かな海況に生物の多様性もピカイチ!

久米島の海の中は起状に富んでいます。サンゴ礁や砂地、ドロップオフなど、それぞれのポイントに多種多様の生物が生息しています。

マンタ・ハンマーヘッドシャーク、ジンベイザメ・イルカなどの大物生物の他にも、久米島の名物モンツキアンコウウオやヤマブキハゼ、そしてカクレクマノミなど 小さな可愛いマクロ生物も沢山いるので是非探してみてください。

マンタに会える!海を満喫!久米島ダイビングツアー

イーフスポーツクラブ利用

イーフスポーツクラブ利用久米島ダイビングツアー
宿泊
イーフビーチホテル

イーフビーチホテル敷地内に併設されている「イーフスポーツクラブ」利用。
クラブハウスの2階には海洋深層水の大浴場があり、ダイビング後の疲れを癒やすことが出来ます。 ホテルの客室は全室オーシャンビューで天井も高く快適に過ごせます。
海とビーチが一番近い島一番の絶好のロケーションにあるホテルです。

アイランドエキスパート久米島利用

アイランドエキスパート久米島利用久米島ダイビングツアー
宿泊
リゾートホテル久米アイランド

リゾートホテル久米アイランド内にあるダイビングショップ「アイランドエキスパート久米島」利用。
ホテル内にあるショップなので、当日も移動が楽です。ホテルの客室からは開放的な広い窓とサンテラスがあります。
ホテル内の広々としたプールは南国気分を上げてくれます。ダイビング後、プールテラスにてBBQなどもおすすめ!

久米島でダイビングしよう!おすすめのダイビングポイントやシーズナリティを今すぐチェック!

久米島ダイビングおすすめ情報はこちら