「ミドルブック」石垣島ダイビングエリアガイド

ミドルブックの詳細

ミドルブック

砂地にじゃがいものように大きなコモンシコロサンゴの根が点在し、「じゃがいもの根」や「タッチューの根」とも呼ばれています。

真っ白な砂地が広がる海底には、この根をはじめ少し小ぶりな根がいくつも点在していて、
その周りではウタイロハナゴイ・ケラマハナダイ・カシワハナダイ・デバスズメダイの乱舞が見られるほか、
グルクンなどの魚が小魚を狙って回ってくることもあります。
midoru1.jpg
4~6月頃にはコブシメが産卵しにやってくる根もあり見ごたえがあります。
砂地にはヤシャハゼやヒレナガネジリンボウなどフォト派に人気の魚も多く泳いでおり、

深場のハゼ類は水深12~13m付近でゆったりしていたりとかなり近寄って撮影できるのも魅力のひとつです。

ベビーラッシュにあたる季節によっては様々な幼魚を見ることができ、

根に隠れている様々な生物を探すのも楽しいです。
「竹富島南ヨスジの根」というポイントの少し沖に位置し、
地形的には良く似たポイントですが内容は全くの別物です。
大きな根にある割れ目付近ではグルクンやロクセンスズメが群れており、
婚姻色になれば割れ目の中に何万個という卵を産み付けます。
沖の根に移動中にはガーデンイールやダテハゼをはじめ
様々な生物が仲良く共存共生していますが、オニダルマオコゼが
隠れていることもあるので、岩や砂地に体がつくときには注意が必要です。
midoru2.jpg
水面付近には物凄い数のロクセンスズメダイが群れており、シュノーケルでも十分楽しめるため人気のポイントです。
たくさんの生き物が棲みついている白い砂地は癒し効果絶大です。
基本的には流れがなく穏やかで水深も浅いポイントなので、初心者でも安心して潜ることができます。

>>石垣島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
樹下美人
樹下美人
崎枝ビッグアーチ
崎枝ビッグアーチ
米原Wリーフ
米原Wリーフ
大崎ハナゴイリーフ
大崎ハナゴイリーフ
御神崎灯台下
御神崎灯台下
崎枝迷路
崎枝迷路
大崎ミノカサゴ宮殿
大崎ミノカサゴ宮殿
屋良部崎
屋良部崎
荒川Wアーチ
荒川Wアーチ
リトルサンドパラダイス
リトルサンドパラダイス
>>観光や気温などの石垣島情報はこちら