「イーストキャニオン」波照間島ダイビングエリアガイド

イーストキャニオンの詳細

イーストキャニオン

波照間港からボートで15分。
波照間島の東側に位置し、唯一、波照間島で、ダイナミックな海底景観が楽しめるスポットです。

I-SUTOKYANION.jpg

波照間島のダイビングスポットといえば、
「癒し」と「白い砂地」のイメージですが、そのイメージを覆すダイナミックな地形ポイントとなっております。

島の西側とは対照的に、ダイナミックな地形があり、垂直に切り立ったドロップオフが迫力満点です。

海水がとても綺麗なので、深さは全く感じないそうです。

ここでは、イソマグロやナポレオンフィッシュなどの大型回遊魚との遭遇率も高いので、
水深15~20m付近を移動し、リーフの突端で大型回遊魚が現れるのを待ちます。

その他にも、ツムブリ、カスミチョウチョウウオ、スジコショウダイ、
アカヒメジ、カシワハナダイ、巨大なスジアラなどを見ることが出来ます。

I-SUTO.jpg

このポイントは、流れがないことが珍しく、常に緩い流れがありますが、
時に強い流れが発生することもあるので、十分ご注意しながら、楽しんで下さい。

雄大な八重山を存分に堪能できるポイントの1つとなっております。

>>波照間島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
サンドガーデン
サンドガーデン
アザミ
アザミ
イーストキャニオン
イーストキャニオン
キンメトライアングル
キンメトライアングル
>>観光や気温などの波照間島情報はこちら