「大仏サンゴ」奄美大島ダイビングエリアガイド

大仏サンゴの詳細

大仏サンゴ

奄美大島の北部に位置する「大仏サンゴ」

直径約20m・高さ約7mと巨大なこのサンゴは、コモンシコロサンゴという名称です。

このサンゴは、1つ1つがごつごつした楕円形の石の様で、

それが幾つも集まって、大仏様の頭の様な形に見える事から、大仏サンゴと名付けられました。

このコモンシコロサンゴは、日本最大級の大きさで、縦横に広がる姿は見ごたえ充分です。

その周りに群れる、カラフルなハナゴイやキンギョハナダイはとても美しく、ダイバー達を癒やします。

daibutu3.jpg

大仏サンゴは、四季により様々な姿を見せてくれます。

例えば、春にはコブシメが産卵にやってきて、サンゴの隙間に産みつけられた卵を見ることが出来ます。

タマゴの中で成長中の小さなコブシメはとても可愛らしくダイバー達に人気です。

夏になると、ハナゴイの稚魚が増え、サンゴの周りがとても賑やかになります。

秋は、夏に孵化した魚達が大きくなり、群れている姿がまさに水中の楽園の様です。

そして、冬を迎えると、透明度抜群の海中でコモンシコロサンゴを見ることが出来、その姿に圧巻です。

この様に、季節によって様々な楽しみ方が出来ます。

さらに、巨大サンゴの周りには、真っ白な砂地が広がっており、その砂地に描かれた砂紋がダイバー達の心を引き付けます。

砂地の中から、ガーデンイールが群れて姿を現しているところもこのポイントの見どころです。

daibutu2.jpg

水深約16mと比較的浅く、流れもそれほど強くない為、初心者ダイバーさんから楽しめるポイントです。

位置は、ボートで約15分のところにあります。

【見られる生物】

コブシメ・ハナゴイ・キンギョハナダイ・ウメイロモドキ・ヒレナガネジリンボウ

ガーデンイール・ハナミノカサゴ・クマザサハナムロ・スカシテンジクダイ

>>奄美大島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
大仏サンゴ
大仏サンゴ
インオアシス
インオアシス
山本スペシャル
山本スペシャル
デッショ
デッショ
アサヒガーデン
アサヒガーデン
美波
美波
手広ビーチ
手広ビーチ
>>観光や気温などの奄美大島情報はこちら