「海中宮殿」与論島ダイビングエリアガイド

海中宮殿の詳細

海中宮殿

茶花港からボートで約5分の位置にある「海中宮殿」

美しい白い砂地の上に宮殿があります。

水深約16メートルとさほど深くないところにある為、初心者ダイバーさんでも楽しむ事が出来るポイントです。

この海中宮殿は、2003年7月8日に、奄美諸島日本復帰50周年とパナウル王国建国20周年を記念して

人口的に造られました。

(パナウル王国とは、「パナ」=花 「ウル」=サンゴ礁の意味を持っており、

町制20周年を機に与論観光のアピールとして建国されました。)

両脇がサンゴの群生に囲まれた真っ白な砂の道を進み、

点在する3本の柱を泳いで通り過ぎると、その先にはメインの宮殿が姿を見せます。

本殿は、ハート型にくり貫かれた天窓付きの屋根が4本の太い柱に支えられている形です。

与論島とギリシャのミコノス市が姉妹都市なので、ギリシャ風の宮殿が造られました。

海の中の宮殿はなんとも神秘的で見る者の心を引き付けます。

kyuden2.jpg

沈められた当時は、

真っ白だった柱も現在ではサンゴの住み家となり、

サンゴでびっしりと覆い尽くされています。

そのサンゴを住み家として魚達も集まってくるようになりました。

神殿の周りもサンゴや魚が豊富で、ダイバー達の目を楽しませてくれます。

さらに、この宮殿では結婚式も行われています。

これまで多くのカップルがこの宮殿で、「水中結婚式」を挙げているのです。

無数の魚達、そして白い砂地と海面から降り注ぐブルーの光に包まれての

結婚式なんてロマンチックですね。

kyuden3.jpg

青い光の中にそびえる宮殿とその周りのサンゴや魚達。

おとぎ話の様なこのポイントを泳げば、他にはない幻想的な空間を楽しめます。

【見られる生物】

チョウチョウウオ・ツノハタタテダイ・ミツボシクロスズメダイ・クロユリハゼ

リュウグウベラギンポ・クマザサハナムロ・ハナビラクマノミ・セジロクマノミ

>>与論島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
ハキビナのマグロ根
ハキビナのマグロ根
マーメイドロック
マーメイドロック
沈船あまみ
沈船あまみ
海中宮殿
海中宮殿
キャニオン
キャニオン
ホヌホヌ
ホヌホヌ
>>観光や気温などの与論島情報はこちら