冬がベストシーズン!与那国島ダイビング【沖縄ダイビングレッドフィンツアー】

冬がベストシーズンの与那国島へ行こう

与那国島ダイビング
ハンマーヘッドシャーク 冬はハンマーヘッドのシーズン到来

与那国島は冬がベストシーズンと言える程ダイバーが集う時期となります。狙いはハンマーヘッドシャークですが、毎年11月~5月にかけて数が多い時期とされています。その為、このシーズンに合わせて何度も与那国島へ足を運ぶダイバーも多いとか・・。 そもそもハンマーヘッドとは、頭部が左右に張り出してその先端に目と鼻孔があり、鐘や和楽器を打ち鳴らす丁字型の撞木(しゅもく)のような頭の形をしている事からシュモクザメ、その頭を金槌に見立ててハンマーヘッドシャークと呼ばれています。日本でも出逢える場所はそう多くはありませんが、1つには与那国島が有名です。運がよければハンマーヘッドシャークの群れに遭遇できる事もあるので、ダイバーとしては挑戦したくなりますよね。

海底遺跡 一年を通して人気の海底遺跡スポット

与那国島の海底で発見された海底遺跡。自然地形なのか人工的な遺跡なのか いまだ明確にはなっていません。1986年にダイバーによって島の南側海底に巨大な一枚岩が発見されました。その発見された「一枚岩」は周囲数百メートルにも及ぶ巨大なもので、人工的に切り出したような跡や、人が歩く事ができそうな通路上の隙間、階段状の壁、そして柱が立っていたと思われる穴など、人が加工しなければできないような跡が残っていた為、遺跡ではないかとされています。 この海底遺跡には、ダイビングで訪れる事もできますが、海底遺跡観光船でも行く事ができます。観光船の展望室から座ったままで水中景観を楽しむ事ができるので、人気のオプショナルツアーとなっています。

与那国島のおすすめ観光スポット!

ナーマ浜

ナーマ浜

日本最西端にあるビーチで、プライベートビーチのようなのんびりとした時間を過ごすことができるスポットです。

立神岩(たちがみいわ)

立神岩(たちがみいわ)

島の南東部の海岸にそびえ立つ岩は、与那国島のシンボル。展望台から間近に見る景色は圧巻です。

海馬遊び

海馬遊び

町の天然記念物に指定されている与那国馬との触れ合いもこの島でお楽しみ頂けます。

東崎展望台

東崎展望台

海面から約100mの高さに立ち上がった断崖絶壁の岬。先端には東崎灯台が立ち、展望台が設けられています。

馬鼻岬

馬鼻岬

辺りは大きな牧場のように芝生が広がっていて、その先端に断崖絶壁が・・足を運ばれる際は気を付けて行ってください。

Dr.コトー診療所

Dr.コトー診療所

人気テレビドラマ「Dr.コトー診療所」の舞台となった志木那島診療所のロケ地。島の南部の比川集落のはずれにあります。

与那国島へのアクセス方法

与那国島マップ

与那国島へのアクセス方法は、那覇又は石垣島からそれぞれ直行便が出ています。また、石垣島からは週2便フェリーの運航もありますが、こちらは所要時間が約4時間30分とちょっと時間を要してしまいます。

ツアーの行程は、基本的には前泊那覇又は石垣島の行程となっています。1日目から与那国島へ入るダイレクトインプランもございますが、こちらは石垣島経由でご案内の方が可能となっています。飛行機の乗継は最低でも1回必要となります

那覇空港から
那覇空港⇒与那国空港:約1時間40分
石垣空港から
石垣空港⇒与那国空港:約35分

与那国島ダイビングツアーのお申込み方法はこちら

与那国島

【サーウェス与那国利用】ファンダイブ付き ホテル入船泊(前泊石垣島)

海底遺跡の発見者、新嵩喜八郎さんの経営するショップをご利用プラン ショップと併設しているホテル入船泊なので、ダイバーの方に大変便利です。 与那国島の海を知り尽くしたベテランインストラクタ―の方々なので安心して ダイビングを楽しめます♪

与那国島

【アイランドホテル与那国泊/サーウェス与那国利用】

宿泊先は与那国島唯一のリゾートホテル「アイランドホテル与那国」泊。 ご利用ショップは「サーウェス与那国」プランとなります。

与那国島

【与那国島協定民宿泊/ダイビングサービスマーリン利用】

空港のすぐ近くにある「ダイビングサービスマーリン」利用。 ダイビング船のある港までも近くご移動も大変便利です。与那国島の2大スポット、 海底遺跡と冬のハンマーヘッドにも力を入れているショップ ベテランスタッフが初心者からベテランダイバーまで丁寧に対応してくれるので 安心です。宿泊先は島内の民宿タイプ。アフターダイブは島時間も満喫しましょう♪