徳之島ダイビングエリアガイド

千間海岸

千間海岸
徳之島を代表するビーチポイントで、ウミガメが多く生息
していることでも有名で、その遭遇率は非常に高く、ダイバーに好評の極上ポイントとなっています!
ここは、3つのエリアに分かれていて、アーチやホールなど地形が多く、
アドベンチャー気分満点で、差し込む光のシャワーによって、最高の瞬間を味わうことができます。
特にウォッチング派にお薦めで、様々な魚が棲むこの海は変化に富んだ海中散策が楽しめます。
クマノミなら数種類が一度に見られるし、オドリハゼなどの人気共生ハゼにも遭遇することが出来ます。
他にも、エビカニならポピュラーなイソギンチャクモエビやモンハナシャコから、
キンチャクガニ、オラウータンクラブなどの人気種まで揃ったポイントとなっています。
senma1.jpg
≪千間タイガーホール≫は、沖のほうに少し流れがある
ものの初心者から潜れるスポットとなっています。
なんと、リーフの上にぽっかり開いたただの水溜まりのような場所からエントリーします。
中に入ると、たいていのダイバーさんがしばらく動かずに見とれてしまうほどの美しい景色が広がっています。
太陽が出ている日には必ず潜って欲しい所です!
≪千間ドラゴンホール≫は、島中ウミガメだらけですが、その中でもダントツに遭遇率が高いスポットで、
エントリーポイントはのんびり穏やかな海岸となっています。
浅場のリーフに開いた大きな穴(通称ドラゴンホール)を抜けて沖に出ると、ダイオウサンゴが出迎えてくれます。
そして、会わずにダイビングをするのが難しい・・ってぐらい現れるのが、
ここの目玉でもあるウミガメで、写真も簡単に撮れてしまうのでカメに会いたいときはお薦めです。
≪千間クレパス≫は、リーフに開いたとても綺麗な穴からエントリー・エキジットをします。
外洋に向かってフィンを煽ると美しい風景が広がり、
光のシャワーを浴びながらのんびり優雅なダイビングができます。
岩の隙間を通って外洋に出ることもでき、珍しい種類の魚に出会えることが出来るスポットになっています。
senma2.jpg
【千間海岸で見られる生物】
ウミガメ、各種クマノミ、コブシメ、ヨスジフエダイ、エイ、
コクテンフグ、ハコフグ、ハナゴイ、アマミスズメダイなど

>>徳之島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
千間海岸
千間海岸
シオトビヤ
シオトビヤ
トンバラ
トンバラ
金見ブルーホール
金見ブルーホール
ビックシェル
ビックシェル
テラ
テラ
平土野
平土野
黒畦
黒畦
>>観光や気温などの徳之島情報はこちら