「タマルル」渡嘉敷島ダイビングエリアガイド

タマルルの詳細

タマルル

渡嘉敷島の北、渡嘉敷島と儀志布島の真ん中にあるポイント「タマルル」。
このポイントは、真っ白な砂地、サンゴ、マクロ生物等、様々な楽しみ方が出来るのが特徴の1つとなっています。
強い流れもほとんどなく、穏やかで癒されるダイビングを満喫出来ます。

TOT.jpg

ここは、ウミガメにも多く出会えるスポットで、タイマイ・アオウミガメを見ることが出来ます。
ウミガメたちは、人にとても慣れているので、ダイバーさんが近付いても逃げません
一度にたくさんのカメたちに出会うことも出来、
サンゴ礁の影で休憩をしているカメたちの姿を目撃出来たりもします。
ウミガメたちや海の中に生きる生物たちの日常生活を垣間見ることが出来るのもダイビングの醍醐味だと思います。

TOTA.jpg

ウミガメ以外にも様々な生き物が生息しています。
皆に愛されているカクレクマノミやセジロクマノミ、ハマクマノミといったクマノミ類たち。
ユビエダハマサンゴやミドリイシサンゴ等のケラマを代表するサンゴたち。
テンテンウミウシという可愛らしい名前のウミウシたち。
ここは、マクロ生物の宝庫になっております。

時期によっては、コブシメの産卵シーンを見ることも出来ます。
また、クレパスやケープもあり、時にはイソマグロやロウニンアジを見ることもあります。
同じ場所で一度に多くの生物たちに出会えるポイントはなかなかないので、
ぜひ、この感動を味わいに訪れてみて下さい。

>>渡嘉敷島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
灯台下
灯台下
男岩
男岩
海人
海人
野崎(ノザキ)
野崎(ノザキ)
ハナレビーチ前
ハナレビーチ前
アラリ
アラリ
タマルル
タマルル
アカンマ
アカンマ
ムチズニ
ムチズニ
>>観光や気温などの渡嘉敷島情報はこちら