「ムチズニ」渡嘉敷島ダイビングエリアガイド

ムチズニの詳細

ムチズニ

渡嘉敷島の南東に位置する中級者向けのポイント「ムチズニ」

ケラマを代表するポイント「運瀬」の近くにあり、「運瀬」の潮待ちでよく利用され、
特に冬場に多く利用されるポイントのようです。

また、地形派ダイバーが好むポイントとしても有名な場所です。
昔、ノコギリダイ(ムチズニ)が多く生息していたことからこのポイント名が付けられたそうです。

あまり知られているポイントではないかもしれませんが、
エントリーをすると、美しいサンゴが広い範囲で群生しているのが見えます。
竪穴やクレバス等、様々な地形が存在し、ダイナミックな地形が楽しめます。

透明度も良く、底は砂地となっております。
大型の生物にはあまり出会える場所ではありませんが、
様々な種類のマクロ生物が生息しておりますので、
のんびりゆったりとしたダイビングを楽しむことが出来ます。

MUTI.jpg

代表的な生き物は、ハナビラクマノミ、ハマクマノミ、メガネゴンベ、キホシスズメダイ、ハナゴ,、ウミウシ等です。
運が良ければ、アオウミガメも見ることが出来ます。
何匹か集まってくることもあるので、出会えることをお願いしながら潜ってみて下さい。

時期によっては、ホワイトチップやコブシメの産卵シーンが見られたりもします。
何が現るか分からない、ちょっとドキドキするポイントです。皆さんもぜひ訪れてみて下さい。

>>渡嘉敷島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
灯台下
灯台下
男岩
男岩
海人
海人
野崎(ノザキ)
野崎(ノザキ)
ハナレビーチ前
ハナレビーチ前
アラリ
アラリ
タマルル
タマルル
アカンマ
アカンマ
ムチズニ
ムチズニ
>>観光や気温などの渡嘉敷島情報はこちら