沖縄ダイビングツアー!春のオススメダイビング

沖縄の短い冬の時期が終わりついに春がやってこようとしています。 春の沖縄の海は海況が穏やかになり、だんだん気温・水温があがってくるので太陽が出ている日は とても暖かく、ダイバーにとって大変潜りやすい時期です。海の透明度は冬の時期に引け目をとらず、抜群です。 そしてなんといっても春のダイビングの一番の魅力は産卵シーズンです。 各地でサンゴ、コブシメやウミウシなどの生物の繁殖や産卵行動が頻繁に見られ幼魚も増えて 海中はにぎやかな雰囲気になります。暖かくなってきた沖縄の海で春の息吹を感じにダイビングへ行きましょう☆

  • 沖縄本島
  • 慶良間諸島
  • 久米島
  • 石垣島
  • 西表島
  • 宮古島
  • 与那国島
  • 波照間島

沖縄本島でのダイビングツアー

平均気温 平均水温 見所 スポット スーツ
3月 19℃ 23℃ ギンガメアジの群れ
幼魚の魚の数が倍増
風が北寄り

島・リーフの南側
5mmフルスーツ+
フードベスト+ドライ
4月 22℃ 24℃ ウミガメの産卵
サンゴの産卵
どのポイントでも潜りやすい 5mmフルスーツ
5月 22℃ 25〜28℃ オニイトマキエイ(マンタ)の登場
マグロ系
どのポイントでも潜りやすい 5mmフルスーツ

ウミウシやカエルアンコウなどが見られた冬場の次は、にぎやかな春になり、冬眠から醒めたかのように、 生物が次から次に登場し、産卵シーズンに入ります。人気のナカモトイロワケハゼやヤシャハゼも常時見られるように なります。
また春になると、気温、水温と共にぐんと上がり、 5月からは水温が25℃近くまで上がってくるので5mmフルスーツでも 快適になってきます。冬場は北寄りの風が吹くので島やリーフの南側で潜ることが多いのですが、 春から夏にかけては台風などの影響を受けない限りは、 どのポイントでも潜り易い本島でのこの季節のダイビングはいいとこづくしなのです。 また珊瑚の産卵後、5月から6月にはジンベイザメがチービシ諸島で見られることもあるようです。

SEA FOX

SEA FOX

那覇空港から車で15分。ポイント多数の那覇市内ダイビングショップです。

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

ソルトウォーター

ソルトウォーター

丁寧な女性インストラクターが人気!ビギナーダイバー、ブランクダイバーも安心のビーチダイブ。

ピンクマーリンクラブ

ピンクマーリンクラブ

リピーター多数の大人気ショップ。リゾートエリアにあるので観光にも便利です。

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発
トップへ

慶良間でのダイビングツアー

平均気温 平均水温 見所 スポット スーツ
3月 19℃ 20℃ ザトウクジラの回遊
カエルアンコウ
コブシメ産卵
北風が吹く冬とは違い、
どのスポットにも行きやすい
5mmフルスーツ
4月 22℃ 22℃ サンゴの産卵
稚魚が増える
(キンメモドキ・スカシテングダイ)
5月 22℃ 24℃ クマノミ類産卵
回遊魚

透明度の高さ、魚の種類や数の多さは沖縄の海でも屈指!!春の慶良間諸島は3月から4月の頭まで ザトウクジラを見る事が出来るようです。そしてクジラが北の海に行ってしまっても慶良間の海の中は まだ大賑わい。それは生物の繁殖期を迎えるからです。
珊瑚やコブシメ、ウミガメ、クマノミなどの生物の産卵や子育ての様子が見られるチャンスの時期が春なのです。 よって、春から夏にかけて稚魚が増えます。魚が多い慶良間の海がますますにぎやかになります! また慶良間諸島は数々のダイビングポイントが点在します。光が差し込むクレパスやドロップポイントの地形ポイント などダイビングポイントのバリエーションが豊富。春は冬の劣らず、透明度が抜群で、暖かくなってきますので とても潜りやすい季節ですよ。

シーフレンド

シーフレンド

世界有数の透明度を誇る美しい海の渡嘉敷島!ゲストのリクエストを一番に考慮し、その日のベストなダイビングポイントへ!

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

沖縄リゾート

沖縄リゾート

那覇から高速船で一時間のマリンレジャーのメッカ座間味島。 気さくなオーナーが人気のダイビングサービスです。

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

SEA STEP DIVERS

SEA STEP DIVERS

初心者さんからベテランさんまで大歓迎!自然がそのまま残る座間味島でダイビングを楽しもう!

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

ダイブハウス やどかり

ダイブハウスやどかり

民宿併設のダイビングショップ。美しい砂地、 群生する珊瑚、回遊魚などがみどころの座間味島ダイビング♪

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

海クラブSEA MAP

海クラブSEA MAP

人口300人程度の小さな島、阿嘉島のダイビングショップ。オーナーはガイド暦17年と超ベテラン♪

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発
トップへ

久米島でのダイビングツアー

平均気温 平均水温 見所 スポット スーツ
3月 19℃ 21℃ ザトウクジラ
ハンマーヘッドシャーク
冬のポイント 5mmフルスーツ+
フードベストまたはドライ
4月 22℃ 22℃ コブシメの産卵
マンタ
ギンガメアジ・ホソカマスの群れ
稚魚が増える
クマノミの出産
イソマグロ
夏のポイント 5mmフルスーツ
5月 22℃ 24℃

久米島の海はサンゴ礁に囲まれた穏やかな海です。そしてダイビングスポットに短時間で着くというメリットが あります。 春の久米島はコブシメの卵や幼魚、ウミウシといった小さな命を観測できるようになり、 生物多様性を楽しめる絶好の季節です。 また、サンゴの産卵の季節です。去年からメディアで数々取り上げられるようになった 日本最大級のヤセミドリイシの群生、久米島の「ナンナハリ」での 産卵の様子が見られることがあるかもしれません。 力強く生命力に満ち溢れたサンゴの産卵の景観は、見たものを圧巻させてくれます。

しらはまマリン

しらはまマリン

久米島で35年!老舗のダイビングショップ。 久米島の海を知り尽くしたガイドがおすすめポイントへご案内♪

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

イーフスポーツクラブ

イーフスポーツクラブ

イーフビーチホテル内に併設されたダイビングショップ。その日の天候、海況に合わせて ベストなポイントへご案内します。

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

高里マリンスポーツクラブ

高里マリンスポーツクラブ

イーフ観光ホテルの1階にあるダイビングショップ。船の移動時間も短いので 船酔いしやすい方も安心★

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発
トップへ

石垣島でのダイビングツアー

平均気温 平均水温 見所 スポット スーツ
3月 20℃ 23℃ ウミウシ
コブシメの産卵
稚魚が増える
マンタの回遊
サンゴの産卵
テンジクダイ
御神崎
マンタスクランブル
5mmフルスーツ+
フードベスト
4月 23℃ 25℃ 5mmフルスーツ
5月 25℃ 27℃

世界屈指のマンタの楽園!サンゴの島である石垣島★石垣島の春から夏にかけてのお勧めするスポットの 「川平マンタスクランブル」では5月頃からマンタが比較的見られるようになり、6月上旬からはコンスタントに 見られるようになります。ただ川平のマンタスクランブルは夏は混雑しているので静かなダイビングを好む方 は、夏の時期を避けた方が良いかもしれませんね。
底地は息を飲むほどの美しい珊瑚の群生で、御神崎も珊瑚・地形などで有名です。 他にも石垣島には市内・川平・北部とダイビングポイントがたくさんありますよ。 春から初夏にかけて各種生物のベビーラッシュが始まり、可愛い幼魚が増える時期でもあります。 石垣島はサンゴを美しい群生スポットが豊富なので、サンゴの産卵の時期の春は見所が満載です。

マリンスポーツKATSU

マリンサービスKATSU

海人が経営する、民宿併設のダイビングショップ。のんびり潜ってまったりするのがKATSUスタイル♪

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

うなりざき石垣店

うなりざき石垣店

定員40名の大型クルーザーは真水のシャワートイレを装備!ビギナーからベテランまで幅広く石垣の海を堪能して頂けます!

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

トムソーヤ

トムソーヤ

離島桟橋近くにあるダイビングショップ。石垣市の中心地にあるので、とっても便利です!

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

ナポレオン

ナポレオン

マンタスクランブルのある石垣島川平地区のダイビングショップ。川平公園内にあるショップは ビーチが目の前!

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

G-FREE

G-FREE

世界一のサンゴを誇る伊原間にあるダイビングショップ。人の手がほとんど入ってない 極上の珊瑚の海で石垣島ダイビング♪

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発
トップへ

西表島でのダイビングツアー

平均気温 平均水温 見所 スポット スーツ
3月 20℃ 23℃   北北西 5mmフルスーツ+
フードベストまたはドライ
4月 23℃ 25℃ マンタ
サンゴの産卵
コブシメの産卵
ハダカハオコゼ
ニシキテグリ
スカシテンジクダイ
南東・南 5mmフルスーツ
5月 25℃ 27℃

マングローブで覆われた島、西表島は秘境が多く神秘的に満ち溢れていますが、島全体には、 バラス島や鳩間島があったり、ダイビングポイントも多数、島周辺に広がっています。 それぞれのポイントによって見所や特徴も変わっていて生きている珊瑚も多く、春になると魚も増え、 少し潜るだけでも海の中がにぎやかです! 3月からは、島の南側でマンタが海面でも水中でも頻繁に見られるようになります。 また春先からはコブシメの産卵期になり、交接シーンやサンゴに卵管を差し込んで産卵するシーンを 見れる機会が増えます。北風が吹く梅雨明けまでは、インダビシ西や船浦の北部のポイントへ 行くことが多いようです。西表島は石垣島エリアの中でも比較的空いているので、 ぜひ西表島でダイビングを!!

Mr.SAKANAダイビング

Mr.SAKANAダイビング

リクエストに答えられるガイドがモットー!西表島のその時々の旬のものを内容的に深くご紹介!!

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

うなりざき西表店

うなりざき西表店

西表島を拠点に潜り始めて21年目の老舗ショップ。 長年培ってきたノウハウを生かし、常に新しい八重山の海へご案内★

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発
トップへ

宮古島でのダイビングツアー

平均気温 平均水温 見所 スポット スーツ
3月 22℃ 20℃ ウミウシが多い
マンタ
幼魚増える
カミソリウオ
ニシキフウライウオ
下地島方面 5mmフルスーツ+
フードベスト ドライ
4月 25℃ 22℃ 伊良部島方面 5mmフルスーツ
5月 28℃ 23℃

春の宮古島は海況が穏やかになり、全てのエリアへ行きやすくなります。 ダイナミックな地形や美しいサンゴはもちろん可愛い幼魚が増え、ウミウシなどの生物で賑わう時期です。 4月からは気温が上り、光も強くなるので、アーチなどの地形が見所です。 また幼魚が増えるので、マクロが好きな方が楽しめる季節であります。 またGWごろまではマンタやイソマグロの群れなど大物も見る事ができます。

宮古セントラルマリンクラブ

宮古セントラルマリンクラブ

フレンドリーなスタッフと楽しく、安全にダイビング!ミヤコセントラルホテルに併設なので、アフターダイブも快適♪

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

ダイブキッズ

ダイブキッズ

楽しいガイド、おいしいランチ、気持ちいジャグジー!の三拍子揃った、リピーター続出の人気ショップで快適ダイビング♪

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発
トップへ

与那国島でのダイビングツアー

平均気温 平均水温 見所 スポット スーツ
3月 24℃ 25℃ イルカ
ハンマーヘッドシャーク
イソマグロ
コブシメ
ギンガメアジ
ジンベイザメ(大潮の潮どまり)
ナポレオン・カジキ
海底遺跡 5mmフルスーツ+
フードベスト・ドライ
4月 25℃ 25℃ 5mmフルスーツ
5月 27℃ 27℃

地形も大物も集まる人気の与那国島!海底遺跡やハンマーヘッドシャークでおなじみの離島です。 また運がよければカジキやジンベイザメなどの大物との遭遇もありますよ。 ハンマーヘッドやジンベイザメが見られるベストシーズンはご存知のとおり、冬の時期ですが、 春でも見ることが出来るのです。4月5月にも日によって見れるみたいで去年は6月でも見れたようです ぜひ与那国島へ行ってみてはいかがですか! 暖かくなり、稚魚も増えてマクロ派の方でも楽しむことができます。

ダイビングサービスマーリン

マーリン

ダイナミックな与那国島の海に魅せられて21年。ハンマーヘッド遭遇率日本一を誇る与那国島でダイビング!

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発

サーウェス与那国

サーウェス与那国

海底遺跡の発見者「新嵩喜八郎さん」が経営するダイビングショップ。海底遺跡ポイントも安心して潜って頂けます。

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発
トップへ

波照間島でのダイビングツアー

平均気温 平均水温 見所 スポット スーツ
3月 21℃ 22℃ グルクン
スカシテンジクダイ
キンメモドキなどの幼魚
クマノミ
ガーデンイール
北西側
東側
5mmフルスーツ+
フードベスト ドライ
4月 24℃ 24℃ 5mmフルスーツ
5月 24℃ 26℃

波照間島は日本最南端の有人島です。ニシ浜ビーチなど、白砂が美しいビーチも多く、海の中に関しても、 本島や他の離島とは一味違います。波照間の海は、透明度もあるのですが、 青々としており、濃い青い色をしています。 海底の砂も白く美しいので、潜ると海の青さと砂の白さが際立って宝石のような美しい情景が見れます。 特に春から夏にかけてがベストシーズンです。 また、美しいさんご礁に囲まれているこの島、サンゴの根回りには様々な小魚の郡も多く、 フィッシュウォッチングが楽しめます。 のんびり癒しのダイビングができますよ。 暖かくなってきた波照間へ癒されにいきませんか!

アトラス波照間

アトラス波照間

100%ボートダイビング!ダイビングポイントまでは10〜20分!最南端の有人島で、波照間ブルーを体験しよう!

  • 東京発
  • 大阪発
  • 名古屋発
  • 福岡発
トップへ

東京発のメールでのお問い合わせはコチラ

大阪発のメールでのお問い合わせはコチラ