「顔面ホール」恩納村ダイビングエリアガイド

顔面ホールの詳細

顔面ホール

「顔面ホール」というインパクトのあるポイント名は、
人の顔の形の様な岩壁がある事が由来になりました。

その洞窟の口の部分が洞窟の入り口です。
洞窟は入り口から約40m奥まで続いています。

オーバーハングした岩やアーチが多数あり、地形派のダイバーさんにはたまらないポイントです。

ganmenhoru2.jpg

複雑な形の岩壁で出来た洞窟内には天井から太陽光が射し込み、薄いブルーの光で包まれます。
その光景は水中映像作家が絶賛するほど美しく神秘的です。

顔面ホールには、オレンジとピンクの鮮やかな色合いが美しいハナゴンベや
黄色と青の体色のスミレヤッコなど色とりどりの魚が住みついており、その姿に癒やされます。

沖縄の自然が織り成す美しい光のカーテンの中でのんびりダイビングを楽しんでみてはいかがですか。

ganmenhoru3.jpg

中性浮力を上手く使って洞窟内を濁らせない様に潜りましょう。
またゴツゴツした岩壁で手を切らない様に注意が必要です。

【見られる生物】

・スミレヤッコ・ミナミハコフグ・ハナミノカサゴ・アカマツカサ

・ミナミゾウリエビ・リュウキュウハタンポ・ハナゴンベ・シモフリタナバタウオ

>>恩納村ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
青の洞窟
青の洞窟
万座ドリーム
万座ドリーム
ホーシュー
ホーシュー
クロスライン
クロスライン
アポガマ
アポガマ
コーラル
コーラル
オーバーヘッドロック
オーバーヘッドロック
ミニドリームホール
ミニドリームホール
恩納ポイント
恩納ポイント
ナカユクイ
ナカユクイ
>>観光や気温などの恩納村情報はこちら