「アポガマ」恩納村ダイビングエリアガイド

アポガマの詳細

アポガマ

アポガマは万座毛付近の中級者以上向きのダイビングスポットです。

この「アポガマ」というポイント名は、昔、恋人達が約束【アポ】をかわし、出会った洞窟【ガマ】が

海岸にある事から名付けられました。

多くの若いサンゴが生息する浅場から一気にドロップオフする形で潜降します。

ドロップオフでは大きなイソバナやウミウシ類を見ることが出来ます。運が良ければ

大型回遊魚を見られる事もあります。

apo3.jpg

また、ケーブやクレパスもあり地形が楽しいポイントです。

約8mもある大きな入り口からゆっくりと潜降していくと上下から太陽の光が射し込む空間が広がります。

ハナミノカサゴ等が悠然と泳いでいる姿を見ることが出来ます。

クレパスは迷路の様に続いており、地形・生物の両方を満喫できます。

apo.jpg

【見られる生物】
・チョウチョウウオ・キホシスズメダイ・キンギョハナダイ・ガラスハゼ
・ハナミノカサゴ・カマスの群れ・ウミウシ類・ウミガメ

>>恩納村ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
青の洞窟
青の洞窟
万座ドリーム
万座ドリーム
ホーシュー
ホーシュー
クロスライン
クロスライン
アポガマ
アポガマ
コーラル
コーラル
オーバーヘッドロック
オーバーヘッドロック
ミニドリームホール
ミニドリームホール
恩納ポイント
恩納ポイント
ナカユクイ
ナカユクイ
>>観光や気温などの恩納村情報はこちら