「アントニオガウディ」宮古島ダイビングエリアガイド

アントニオガウディの詳細

アントニオガウディ

地形ポイントの多い宮古島の中でも

人気が高い「アントニオガウディ」

この名前、皆さんもご存知かと思います。

かの有名な世界遺産サグラダ・ファミリアを設計したスペイン出身の建築家

アントニオガウディが由来となっています。

このポイントにガウディの名前が付けられた理由は、

無数に入り組んだアーチが、まるでガウディが設計したかの様な

複雑で不思議な形をしている為です。

このポイントに潜れば、自然が造り出した造形美に誰もが目を奪われます。

メインの部屋から天井を見上げると、いくつも重なったアーチが黒い影を作り、

さらにアーチの隙間からブルーの光がまるでスポットライトの様に、

ホールの中にいくつも射し込みます。

そのアーチの黒とブルーの光のコントラストによって幻想的な空間が広がります。

あまりの美しさに時間を忘れて見とれるダイバーもいる程です。

アーチは見る角度により、様々な形に見えるので、

自分のお気に入りの角度を探してみるのも楽しみの1つです。

角度によってはハート型に見えるアーチもあります。

gau.jpg


地形がメインのこのポイントですが、

スミレヤッコやユカタハタ等の生物も楽しむ事が出来ます。

【見られる生物】

スミレヤッコ・ユカタハタ・クロユリハゼ・ネッタイミノカサゴ

ホシゴンベ・アカモンガラ・ツユベラ

神秘的な光景に夢中になってしまいがちですが、

深いところで水深が約35mあるので潜る際には注意が必要です。

>>宮古島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
Wアーチ
Wアーチ
魔王の宮殿
魔王の宮殿
ミニ通り池
ミニ通り池
クロスホール
クロスホール
エンジェルケーブ
エンジェルケーブ
アントニオガウディ
アントニオガウディ
中の島チャネル
中の島チャネル
牛さんありがとう
牛さんありがとう
牛さんこわいよう
牛さんこわいよう
牛さん遠くでこんにちは
牛さん遠くでこんにちは
>>観光や気温などの宮古島情報はこちら