「大崎ミノカサゴ宮殿」石垣島ダイビングエリアガイド

大崎ミノカサゴ宮殿の詳細

大崎ミノカサゴ宮殿
古くから人気のある石垣島を代表するポイントで、市街のダイビングサービスの他、
川平のダイビングサービスなどもよく利用するメジャーなスポットとなっております。
水深7~30mにカラマツが群生し、そこに群れるスカシテンジクダイやキンメモドキを狙って、
ハナミノカサゴが10匹以上も集まることが名前の由来です。
小魚を捕食しに集まる数は多いときで20匹以上にもなり、一斉に泳ぐシーンは圧巻!
お腹を空かせているときはさらに見ごたえがあり、まるで水中宮殿のようです。
周辺では、ニチリンダテハゼやヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、クサハゼなど
人気のハゼ類や、ピンテールフェアリーラスが見られたりするほか、
斜面ではジョージフィッシュやガーデンイール、ハナヒゲウツボの幼魚が見られます。
mino1.jpg
少し深い場所ではダイナミックな地形を楽しむことができます。
深場の根に群れるハナミノカサゴは、ワイドで狙うと、
かなり絵になるので、フォト派のダイバーの大人気のポイントです。
マクロ系のレア物も次々と登場し、冬場にはウミウシも見られ
フィッシュウォッチングが楽しめるスポットでもあります。
また根の奥のほうでは、ソリハシコンエビやベンテンコモンエビ、
アカシマシラジゲエビなどのカクレエビがたくさん潜んでいるので、
エビマニアにはたまらないと思います。
根の周りの砂地には数百匹のガーデンイールが顔を覗かせており、
これもまたここの見所となっておりますので、是非チェックして下さい。
水中は多種多様な生き物で溢れており、ハナミノカサゴ以外にも
アカネハナゴイやキンギョハナダイの群れがとても見事で、
浅場に集まるウミウシなどマクロもワイドも楽しむことができます。
中層にはアカククリが編隊を組みグルクン・グルクマなどが群れるほか、
イソマグロ等回遊魚の通り道にもなっており、冬場はマンタが
通過することもあるので、中層をよくチェックし、見逃さないようにして下さい。
mino2.jpg
大崎の先端に連なるリーフとその沖の隠れ根から成るポイントで、
見所はフィッシュウォッチングとなり、様々な生物が棲んでいます。
多くの被写体がいるので、飽きずにたくさんの写真を撮ることができますが、
スキルと経験が必要な上級者ポイントとなっております。

>>石垣島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
樹下美人
樹下美人
崎枝ビッグアーチ
崎枝ビッグアーチ
米原Wリーフ
米原Wリーフ
大崎ハナゴイリーフ
大崎ハナゴイリーフ
御神崎灯台下
御神崎灯台下
崎枝迷路
崎枝迷路
大崎ミノカサゴ宮殿
大崎ミノカサゴ宮殿
屋良部崎
屋良部崎
荒川Wアーチ
荒川Wアーチ
リトルサンドパラダイス
リトルサンドパラダイス
>>観光や気温などの石垣島情報はこちら