西表島ダイビングエリアガイド

外離れ南

外離れ南
西表島から切り離されたように2つ並んでいる外離島と内離島、
そして対岸に見えるゴリラ岩の愛称で呼ばれている岬のサバ崎。
西表島の西側に位置するこのエリアへは上原港より約40分、
比較的近い場所にある祖納港からは約15から20分で到着します。
白浜港のある舟浮湾のほぼ出口付近、外離島と内離島の間にある
水路の出入り口に開拓されたドロップオフのスポットです。
サンゴ礁が群生するリーフトップでクマノミやハナダイ、チョウチョウウオの
仲間がたくさん見られるほか、大きなワニゴチが潜んでいることもあり、
その周辺ではツバメウオが数尾で群れていることもあります。
春先にはコブシメの繁殖シーンがよく見られます。
ドロップオフの壁では水深10メートル辺りからスミレナガハナダイが見られ、
オーバーハングの周辺ではキンメモドキがびっしりと群れていてとても綺麗です。
ガレ場のスロープではジョージフィッシュが巣穴から顔を覗かせているので探してみて下さい!
soto1.jpg
水深5メートルから15メートルまで落ちるショートドロップオフの壁下に、
ニチリンダテハゼやオドリハゼ、ヤマブキハゼなどの人気のハゼがいます。
内湾的な環境で、浅場にはアカククリなどの幼魚も多く見られます。
じっくり潜れるポイントの為、カメラ派にとても人気があります。
リーフ上は浅く、テーブル状のサンゴ礁が重なり合っている箇所もあり、
ノコギリダイが一塊の集団で見られることもあります。
この水域は湾内であってもリーフから離れると水深が急に深くなっていて、
そうした環境を好む数少ないレアな魚達が潜んでいます。
浅いところではあまり見かけないスミレナガハナダイやイトヒキベラ類の
オスのパフォーマンスは何度見てもうっとりする光景です。
soto2.jpg
海が荒れる台風などの後でも潜れるポイントとして重宝されています。
次から次へと様々な種類のマクロ系生物が現れるので、カメラ派以外の
ダイバーでも飽きることなく十分に楽しめるポイントとなっています。
また、水深が比較的浅く、流れのもほとんどないので、ビギナーから潜ることのできるポイントとしても人気となっています。
>>西表島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら
エリア一覧
バラス東
バラス東
仲ノ御神島 【東の根】
仲ノ御神島 【東の根】
仲ノ御神島 【西のスポット】
仲ノ御神島 【西のスポット】
網取
網取
鹿の川中ノ沖
鹿の川中ノ沖
外離れ南
外離れ南
船浦マンダリンポイント
船浦マンダリンポイント
トカキン曽根
トカキン曽根
崎山ノースコーナー
崎山ノースコーナー
崎山沖の根
崎山沖の根
>>観光や気温などの西表島情報はこちら