「黒崎」阿嘉島ダイビングエリアガイド

黒崎の詳細

黒崎

那覇から高速船で約50分のところにある小さくて素朴な島、阿嘉島。
そこの北に位置するダイビングスポット「黒崎」。

KUROSAKI.jpg

イジャカジャと阿嘉島の間あたりにあり、
テーブルサンゴの群落とエダサンゴの森ともいわれているポイントです。

阿嘉島と嘉比島の間は、狭くなっており、潮の流れが速く、
注意が必要ですが、マンタが見れることもあるそうです。

運が良ければ、1匹だけでなく5、6匹の大小様々なマンタも見られます。
プランクトンが多いので、プランクトンを目的にここに集まってくるそうです。

ダイビングだけでなく、スノーケリングでもマンタが見られますので、
ライセンスを持ってない方でも、楽しむことが出来ます。

海に入り、見事に広がっているテーブルサンゴを眼下に見ながら、
20m位の所まで降りて行くと、アカマツカサ、ツノダシ、チョウチョウウオ、
カスミチョウ、フカミスズメダイ等の多くの魚たちに出会えます。

あまりに多くの生き物が生息しているので、
ダイビング終了後に、図鑑で魚やサンゴの名前を調べるのも楽しみの1つだと思います。

KUROSAKIKAI.jpg

ゆっくりと泳ぎながら、少しずつ浅い方へと移動して行くと、
やがてあたり一面、エダサンゴの森が見えてきます。

サンゴが山脈のように連なっており、砂地もあり、ソフトコーラルもとても綺麗です。

ソフトコーラルとは、大きな群体を作り、骨格を作るものの、
細かな骨格がバラバラに入っているような、柔らかな群体を作る軟体サンゴのことです。

見渡す限りのエダサンゴは、言葉も出ないほどの迫力!
多くのダイバーが圧倒されています。

>>阿嘉島ダイビングツアーおすすめ情報はこちら

その他のダイビングポイント
黒崎
黒崎
ニシ浜
ニシ浜
サクバル
サクバル
イジャカジャ
イジャカジャ
安室漁礁
安室漁礁
平瀬
平瀬
>>観光や気温などの阿嘉島情報はこちら